ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NECカシオ、米Verizon向けに「G’zOne Commando C811」を開発、本体デザインも判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NECカシオが米Verizon向けに開発している「C811」の製品名とデザインが判明しました。FCCより追加公開されたC811のマニュアルによると製品名は「CASIO C811 Commando」。G’zOne Commando(C771)の後継機種という位置づけとして開発されているようです外観はまさにG’zOneですね。しかし、デザインは国内版(IS11CAやCAL21)とは少し違っています。韓国で先月発売された「CA-201L」に似ています。C811は、4インチWVGAのIPS液晶、Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960プロセッサ、(以前の情報では)OSはAndroid 4.0.4(ICS)を搭載し、LTE通信にも対応します。Source : FCC



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、エントリーレベルのデュアルSIM対応Androidスマートフォン「Galaxy Star」と「Galaxy Pocket Neo」を発表
HTC Oneの中国キャリアモデル?「HTC 802w」はデュアルSIM対応で、Micro SDカードスロットも搭載
ゲッコー・アンド・カンパニー、Androidベースのオープンゲーム機「OUYA」を国内向けに発売(プレスリリース)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。