ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

相撲界にエヴァンゲリオン発進! 綾波レイが横綱に!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

いま、インターネット上で大きな話題になっていることがある。なんと、相撲界に『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイが登場しているというのだ! まったく意味がわからないが、いろいろと調べてみると “その原因” が判明したのでここにお伝えしたい。

事の発端は、コミュニケーションサイト『Twitter』に掲載されていた写真だ。「なんか物凄い誤植が…!!!」というコメントと共に写真が投稿されていたのである。その写真を見てみると、どうやら落語に関する真面目な文庫本のようだ。写真に写っている文庫本には、大相撲に関する歴史が語られていた。「どこが誤植なのかな?」と思い読み進めてみると……。

大相撲の始祖は、谷風梶之助である。天明寛政年間の力士だ。それ以前の最初の三人の横綱、明石志賀之助、綾波レイ、丸山権太左衛門、は架空の力士である」(本より引用して掲載)

なるほど、相撲の歴史で最初の横綱三人は架空の人物なのだな。……っておい! 横綱にどうして『新世紀エヴァンゲリオン』の美少女キャラクター・綾波レイがいるの!? 「明石志賀之助、綾波レイ、丸山権太左衛門」という並び自体が違和感を感じるのだが、著者も編集者も気がつかなかったのだろうか? これは完全に誤植である。

とある出版業界の重鎮が「どんなに頑張っても誤植はなくならない」とコメントしたのを知っているが、さすがにこれには気がついてほしかった。しかし、「おもしろいから、わざと残したのでは?」という声がインターネットであがっているのも事実。あえて誤植を残したのであれば、かなり高度でハイリスクなジョークである。

この本は『落語論』(講談社現代新書)という本で、著者はコラムニストの堀井憲一郎さん。『新世紀エヴァンゲリオン』や綾波レイのファンならば、記念として、コレクションとして、1冊持っていてもいいかもしれない。ちなみにこの事実を最初にインターネットで取り上げたのは、『Twitter』メンバーの “とみね” さん(ID: htomine)である。

■最近の注目記事
『ラブプラス』女の子三組人の手紙が『ヤフオク』で2万2千円!
『ワンピース』作者に「死ね」メールで逮捕されたGカップの智子さんが不倫?
東原亜希がiPhoneからブログ更新でメアド流出! やっぱりデスブログだった!
Xbox360でPS2のゲームが起動した! マイクロソフト運営の開発クラブ会員が開発か
【東京ゲームショウ2009】美女&美少女コンパニオン集! 第四弾

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP