ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHK「みんなのうた」6~7月放送の新曲にジューシィ・フルーツら登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

NHK「みんなのうた」の2013年6~7月放送の新曲があきらかとなった。

今回ラインナップに加わるのは4曲。まず女性シンガーのNaomile(ナオミール)が“カタツムリ、カタオモイ”で「みんなのうた」に初登場。本人作詞、田頭勉の作曲によるスウィンギーなメロディーのナンバーで、映像はゆーゆ“6さいのばらーど”で話題を呼んだ井上雪子のアニメーションとなる。

続いて、フリューゲルホーン奏者にしてヴォーカリストのTOKUが歌う“君へのファンファーレ”は、中西圭三が作詞、TOKU本人が作曲、塩谷哲が編曲を担当。夢を抱くことの素晴らしさを子どもたちに伝えたいという思いから生まれた楽曲で、西内としおによる温かみのあるアニメーションがその魅力を引き立てるとのこと。

3曲目は、現在はイリア(ヴォーカル/ギター)と高木利夫(ドラムス)に新メンバーを加えた体制で活動しているジューシィ・フルーツの“ちょっとだけ☆ナラバイ”。辛い別れを乗り越えることによって、楽しい明日へと繋がっていくというメッセージを込めた、コミカルな歌詞の楽曲とのこと。映像はさまざまなTV番組の美術を手掛けるニイルセンによるもので、クレヨンスクラッチの手法が用いられる。

最後の“タン・タン・タン”は、それぞれ過去に単独で「みんなのうた」に登場したワタナベフラワーとゆーゆによるコラボ曲。ロース1枚をめぐる父と娘の熾烈な戦いをユーモアたっぷりに描いた、家族の大切さを伝えるナンバーとなっている。「給食番長」などで子どもたちに人気の絵本作家・よしながこうたくがイラストを手掛け、ユニークでハイテンションな作品を生み出してきたAC部が映像化するという。

★NHK「みんなのうた」の2013年4~5月放送の新曲についてのニュースはこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP