ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsungの8インチ1,920×1,200ピクセルのAMOLEDディスプレイを搭載したタブレットがIFA 2013で発表されるとの噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SamsunはフルHD対応の8インチAMOLEDディスプレイを搭載したGalaxy Tab 7.7の後継と位置付けられるタブレットを開発しており、IFA 2013で正式に発表される見込みといった情報をSamMobileが伝えています。同サイトによると、そのタブレットの解像度は1,920×1,200(WUXGA)になるとのことです。他の仕様は伝えられていません。Samsungは既にGT-P32XX、GT-P52XX、GT-P82XXという型番を持つ複数のタブレットを開発しています。このうちのどれかが今回の8インチタブレットの可能性があります。GT-P3XXXは7インチ、GT-P5XXXは10.1インチ、GT-P8XXXも10.1インチだったので、別型番の下で開発されていることも考えられます。同ブログは8インチタブレットのほか、以前伝えていた高解像度の10.1インチまたは11.4インチタブレットは、ディスプレイパネルの製造で問題が発生しておりリリース時期がIFA 213よりも後に延びたという情報も伝えています。真偽のほどは定かではありませんが・・・。Source : SamMobile



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「Optimus G Pro L-04E」の予約受付を3月28日より実施(発売日は4月4日)
Samsung、Galaxy S 4 miniを今週中に発表?
Sony Mobile、「Xperia Stage in 神戸コレクション2013SS」の映像を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP