体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony Mobile、Xperia SPとXperia Lを中国で発表、中国電信向けにXperia SPのデュアルSIM版「M35c」を開発(更新)

Sony Mobileが3月29日に中国でイベントを開催して、中国向け「Xperia SP」と「Xperia L」を発表したそうなのですが、Xperia SPについては、中国独自モデルが披露されてそうです。中国で発表されたXperia SPはグローバル向け③G版が「M35h」という型番で発売されますが、現地キャリアの中国電信向けとして「M35c」も発表されたそうです。「M35c」はGSM/CDMA2000のデュアルSIM対応モデルで、カラバリにはグローバル向け③G版には存在しないピンクもラインアップされています。他のハードウェア仕様はM35hとほぼ同じです。

Xperia SPのほか、エントリーレベルの「Xperia L」も発表されました。Xperia Lは中国では「S36h」として発売されます。こちらはグローバル版とほぼ同じ仕様で、デュアルSIM対応ではありません。更新:Sony Mobileが公開したM35cのホワイトペーパーによるとピンクのカラバリ名はアプリコットです。Source : IT168



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「3DMark」のリリース日は2013年4月2日
米AT&TとU.S. Cellular、Galaxy S 4の予約受付を4月16日に開始、2年契約価格は$249
Xperia SPのQuadrantベンチマークスコア

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。