ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東芝製タブレット「AT10-A***/AT150-A***」がWi-Fi Allianceの認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東芝未発表のタブレット端末「AT10-A***/AT150-A***」がWi-Fi Allianceの認証を取得しました。”AT”で始まる型番のタブレットはAndroid搭載モデルなので、今回の「AT10-A***/AT150-A***」もAndroidを搭載したタブレットと考えられます。REGZA Tabletの新型でしょう。型番としては、「AT10-A***」と「AT15-A***」の2種類が存在する模様です。従来のREGZA Tabletのように発売国で違う型番を採用していると思います。認証資料によると、IEEEの無線LAN規格はIEEE802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz帯対応)をサポートしています。IEEE802.11nでは5GHz帯のHT40モードもサポートしています。その他、Wi-Fi Directもサポートしています。東芝はTegra 4を採用したAndroidタブレットを開発しており、今年夏頃に発売されると噂されています。今回の「AT10-A***/AT150-A***」がそれなのかもしれません。Source : Wi-Fi Alliance(PDF)



(juggly.cn)記事関連リンク
docomo dtab 01(S10-201w)開封の儀
Motorola X Phone、Motorola製Nexusスマートフォン、Google製スマートウォッチのウワサ
Galaxy Note 8.0に含まれるSペン対応Flipboardと新ノートアプリ「Awesome Note」のapkファイルが流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP