ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

EXILE新曲“Flower Song”は米倉主演ドラマ「35歳の高校生」主題歌

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


EXILE

 

EXILEの新曲“Flower Song”が、日本テレビ系で4月13日にスタートする米倉涼子主演のドラマ「35歳の高校生」の主題歌に決定した。

「35歳の高校生」は、日テレの連ドラ初主演となる米倉が35歳の女子高生・馬場亜矢子に扮し、17歳の高校3年生たちの前に現れた謎の編入生として、生徒たちがお互いを格付けしあう〈スクールカースト〉をはじめとする学校のさまざまな問題に立ち向かう社会派学園ドラマ。米倉のほかにも、渡哲也、溝端淳平、片瀬那奈、榎木孝明、横山めぐみ、升毅といったキャストが出演する。

そんな本作の主題歌となる“Flower Song”は、ATSUSHIがドラマのプロデューサーから聞いたスクールカーストの話をもとに、前向きなメッセージを込めて作詞したもの。一人ひとりの命を花に例え、生きていくなかで必ず訪れる辛い冬の時期も、春を迎えたときに桜が満開になるように、いつかは明るく感じられる時がくる――そんな思いを優しいメロディーに乗せて伝える、今回のドラマにピッタリのナンバーになっている模様だ。ドラマのオフィシャルサイトには、EXILEのATSUSHIとMAKIDAI、そして米倉による主題歌へのコメントが掲載されているので、ぜひチェックしてみよう。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP