体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

寒風の旅人・モンゴル~北朝鮮 第十一夜【ユーラシアンナイト】

壮大なユーラシア大陸をめぐる旅。一度はしてみたい遠くて大きな旅路……。『ユーラシアンナイト』は、モンゴルから北朝鮮へと向かう旅を数回の連載でお伝えする、動画をメインとするドキュメンタリー記事である。

今回の『ユーラシアンナイト』は “寒風の旅人・モンゴル~北朝鮮” の第十一夜として、モンゴル国境から北京へ向かうバスのようすをお伝えする。ちなみに動画は、ハイビジョン映像でもお楽しみいただける(前回まではこちら: 第一夜 / 第二夜 / 第三夜 / 第四夜 / 第五夜 / 第六夜 / 第七夜 / 第八夜 / 第九夜 / 第十夜 )。また、この記事は英字ニュースサイト『NEWS MILEAGE CX21.cc』の協力により当編集部が取材し、制作・掲載している。

取材班は、北朝鮮により近づくべく “もっとも北朝鮮に近づける場所” を人民に取材をして探しつつ、丹東の町を探索することにした。丹東の川を隔てた向こうが北朝鮮であり、その川幅が極端に狭くなっている地域があるという。そこから北朝鮮人が脱北しないよう、北朝鮮の公安が見張っているのだとか……。

取材班は、その場所を見つけ、映像に収めるまで日本に帰国しないことを決意した(後日、ついにその場所を発見し、動画に収めることができた。続報をお待ちいただきたい)。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。