ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

寒風の旅人・モンゴル~北朝鮮 第十夜【ユーラシアンナイト】

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

壮大なユーラシア大陸をめぐる旅。一度はしてみたい遠くて大きな旅路……。『ユーラシアンナイト』は、モンゴルから北朝鮮へと向かう旅を数回の連載でお伝えする、動画をメインとするドキュメンタリー記事である。

今回の『ユーラシアンナイト』は “寒風の旅人・モンゴル~北朝鮮” の第十夜として、モンゴル国境から北京へ向かうバスのようすをお伝えする。ちなみに動画は、ハイビジョン映像でもお楽しみいただける(前回まではこちら: 第一夜 / 第二夜 / 第三夜 / 第四夜 / 第五夜 / 第六夜 / 第七夜 / 第八夜 / 第九夜 )。また、この記事は英字ニュースサイト『NEWS MILEAGE CX21.cc』の協力により当編集部が取材し、制作・掲載している。

北朝鮮と中国の国境のなかでも、もっとも開放的であり、そして観光客が多いのが丹東市だ。韓国から直接、丹東市にフェリーで行くこともできるが、北京から新幹線に乗って瀋陽を経由し、バスに乗り換えて訪れるのがポピュラーだ。

丹東市は北朝鮮国境にあるとはいえ、経済が北朝鮮の影響を受けているということはない。繁華街もあるし、多くの中国人が住んでいる。とはいえ、北朝鮮系のレストランが多く、韓国からの観光客が多く訪れる街でもある。特に韓国系の焼き肉レストランや、韓国系のカラオケボックスが多い。そう、中国でありながら、チマチョゴリの看板が目立つ年なのだ。

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。