体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

FOX SPORTS「画面から飛び出すかもしれないボール対策」に特殊アーマー開発か

FOUL BALL ARMOUR 頭部

こいつァ、ヤベえ!“画面から飛び出てしまったボール”対策の特殊アーマー

どえらい時代になってしまった。

『FOX SPORTS』では、プロ野球の中継時における「カメラ位置の見直し」「驚きの機材導入」など、過剰なまでの「臨場感の追求」を行ったと発表した。その結果「画面からファールボールが飛んでくる恐れが高まったため、FOX SPORTS観戦用特殊アーマー『FOUL BALL ARMOUR』の開発に乗り出しているというのだ。

FOUL BALL ARMOUR 全身

既にこの時点で正気の沙汰とは思えない内容であるが、大人たちがマジメに発表していたのだから、恐らく間違いない(と思う)。

FOUL BALL ARMOUR 胸部

FOX SPORTS観戦用特殊アーマー『FOUL BALL ARMOUR』の威力

この『FOUL BALL ARMOUR』、一体どんな機能があるのだろうか。その一部を紹介したい。

グローブ

「CYCLONE GLOVE」
内部に特殊開発されたサイクロンシステムを持つ。強力なファンが回ることでボールを吸い寄せ危険を回避させる。「いつまでもその吸引力が変わらない唯一のグローブ」である。

トンファーバット

「TONFA BAT」
用途によって取り外し可能なトンファー型のバット。どんな打球も球の勢いを殺してフローリングや畳などを傷つけることなく転がすことが可能。

VITALガード

「VITAL GUARD」
ファールチップ、イレギュラーバウンドなど予測不可能な打球から身を守るウレタン製ファールカップ。宇宙でも耐久可能。

もはや異常ともいえる高性能である。ただし、これらの機能は実際の商品と異なる場合があるので注意が必要だ。

FOUL BALL ARMOUR

『FOUL BALL ARMOUR』に関する機能詳細については、「スペシャルムービー」にわかりやすくまとめられているのでぜひ参考にしてほしい。

【動画】 【FOX SPORTS】FOUL BALL ARMOUR
http://www.youtube.com/watch?v=uw78E–5HQ0

驚愕の販売検討

残念ながらこのアーマーは現在“試作品”であるという。では、我々はファールボールから身を守ることはできないのだろうか? いや、安心してほしい。今回、FOX SPORTS JAPAN公式facebookページでも『FOUL BALL ARMOUR』に関する発表が行われているが、もし10万「いいね!」を達成した場合には、販売も検討すると大人たちがマジメに表明しているのだ。

facebookページ

FOX SPORTS JAPAN公式facebook
http://www.facebook.com/foxsportsjapan

「いいね!」をしてみたものの、10万「いいね!」まで待ちきれないという諸兄のためにはプロトタイプがお勧めだ。なんとこちら無料ダウンロードできるという。

公式サイトプロトタイプ

『FOUL BALL ARMOUR プロトタイプ』を入手するには、特設サイトにアクセスすればOKだ。「ダウンロード」から説明書付きのpdfファイルをゲットすることができるので、これを丈夫な紙に印刷すれば『FOUL BALL ARMOUR プロトタイプ』が手に入ってしまう。金属板に印刷して板金加工すれば、かなり丈夫なプロトタイプが作成できる(※金属素材での作成は自己責任にてお願いしたい)。

プロトタイプ pdf

特設サイトではスペシャルムービーはもちろんの事、特殊機能を細部まで確認できるメカニックガイドも公開されている。

FOUL BALL ARMOUR PROJECT | FOX SPORTS
http://foxsports.jp/foulball-project/ [リンク]

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy