ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画〈カノ嘘〉劇中バンドCRUDE PLAYのキャスト決定! 音源化も検討

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


CRUDE PLAY(上段左から、水田航生、窪田正孝、浅香航大、三浦翔平
下段は対応する大野薫、篠原心也、矢崎哲平、坂口瞬原作画)

 

今年12月に公開される映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の劇中に登場するバンド、CRUDE PLAYのメンバーの配役が決定した。

青木琴美による人気コミックを原作とする〈カノ嘘〉は、音楽業界を舞台に、23歳の天才作曲家・小笠原秋と、天性の歌声でスターへの階段を駆け上がる16歳の女子高生・小枝理子との恋を描く作品。秋役を佐藤健、理子役はオーディションで選ばれた新人の大原櫻子が担当する。今回、端正なルックスとキャッチーな楽曲で絶大な人気を誇る〈クリプレ〉ことCRUDE PLAYのリーダー兼ヴォーカル/ギターである坂口瞬役に決まったのは、映画〈海猿〉シリーズや「東京全力少女」「サキ」といったドラマへの出演で知られる若手俳優の三浦翔平。さらに、バンドのベースを務めるを務める篠原心也役に窪田正孝、ギター担当の大野薫役に水田航生、ドラムスの矢崎哲平役に浅香航大と、原作から飛び出してきたようなヴィジュアルのイケメン俳優陣が集結している。

なお、CRUDE PLAYのメンバーが作品内で実際に演奏する音楽は、本作の音楽プロデューサーである亀田誠治が制作。今後は音源のリリースも検討されており、三浦は「〈クリプレ〉としては、CDデビュー、紅白出場、海外進出も目指していきたいと思っています」とコメントしている。続報に注目しておこう。

 

三浦翔平(坂口瞬役) コメント

秋役の佐藤健くんから「〈カノ嘘〉って漫画に出てくる瞬役が翔平にぴったりなんだよ」と言われていたのを覚えていて、実際にオファーがあった時は、何かの縁かなと思いました。原作での瞬はキャラクターが立っているので、原作ファンの方に「イメージと違う」と言われないように、また原作を知らない方も好きになるようなキャラにしたいと思います。実際にも仲の良い佐藤くん演じる秋と幼馴染という設定なので、2人ならではの空気感を出せればと思っています。
人気バンドのボーカル役なので、プレッシャーもあり、音楽プロデューサーの亀田誠治さんからは「音楽性を高めたい」と言われているので、ボイトレや楽器練習もがんばっています。〈クリプレ〉としては、CDデビュー、紅白出場、海外進出も目指していきたいと思っています。公開近くにはライブもきっとできると思いますので、楽器練習をがんばります!

 

窪田正孝(篠原心也役) コメント

原作を読んで、それぞれのキャラクターがカッコよくて魅力的な印象を受けました。心也は最高にかっこいいキャラクターなので、自分自身できるのか不安もありましたが、原作ファンの方に恥ずかしくないようがんばりたいと思います。圧倒的なテクニックを持つベーシスト役なので、音楽からも心也に近付けるように練習しています。佐藤さんとは、「るろうに剣心」以来ですが、以前は少しだけだったので、しっかりとお芝居をしたかったのでとても嬉しいです。

 

水田航生(大野薫役) コメント

この作品が初の映画出演となるので、とても嬉しく思っています。バンドのメンバー役ということで、クランクイン前からギターの練習を重ねてきました。プロモーションビデオの撮影シーンでは、お芝居をしつつもアーティスト活動をしているような感覚で、他の作品とは違う面白さを感じています。〈CRUDE PLAY〉での盛り上げ役で明るい役柄なので、その空気感をしっかり出していきたいと思っています。原作ファンの方はもちろん、知らない方にもこの世界観を楽しんでいただけたらと思います。

 

浅香航大(矢崎哲平役) コメント

元々音楽が好きだったので、音楽プロデューサーが亀田誠治さんと聞いて、テンションがあがりました。ドラムも初めてなのですが、哲平として現場を盛り上げて、映画ならではの表現ができたらと思います。メンバーの中ではいじられ役なのですが、徐々に緊張も解けてきたので、これからの撮影も楽しみです。

 

佐藤健(小笠原秋役) コメント

初めて〈CRUDE PLAY〉メンバーが揃ったのを見たときには、「めちゃめちゃカッコよくて、ズルイ!」と思いました。初めましての方もいらっしゃいますが、実際にお芝居をしてみると、息がばっちり合って良かったです。
(瞬役の三浦翔平に関して)原作の漫画を読んだ時から瞬役は絶対、翔平だ!と思っていて。漫画を読んだ当時、本人に「絶対、翔平だと思うんだよね」と言っていました。それが実現したのは、本当にご縁だと思うしすごく嬉しいです。実際に現場で芝居をしてみると、まさに〈瞬〉でした。
(心也役の窪田正孝に関して) 以前「るろうに剣心」で共演したときから、もっと一緒に芝居がしたいと思っていたので、今回とても嬉しいです。〈心也〉はとても重要な役柄なので、これから窪田くんとどんな芝居ができるのか楽しみです。

 

原作者・青木琴美 コメント

夢を象徴する存在として描いてきたクリュードプレイ。

せっかく漫画で描くのだから、現実には存在しえないバンドを…と思っていた分、
生身の人間が演じた時に、実在感や説得力のあるバンドに果たしてなるのだろうか
と不安に思っていましたが、杞憂に終わったのは見ての通り。

写真が届いた時、思わず「ありがとう!」と言ってしまいました。

 

小泉徳宏監督 コメント

黒スーツの4人が揃ったのを見た瞬間は爽快!壮観!という感じでした。少女漫画のキャラクターをいかに2013年の世界でのカリスマに見せられるかということで、ヘアメイクや衣装などで難しさを感じていましたが、うまくいったと思います
佐藤くんと三浦くんの元からの仲の良さが、秋と瞬の関係性の良い土台になっており、クリプレの良い雰囲気が出ていると思います。

 

亀田誠治音楽プロデューサー コメント

原作を読んだ時、クリプレのことを「なんてスケール感のでかいバンドなんだろう」と思いました。夢のカリスマバンド。それが今、リアルな4人組になって、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」に集結しました。彼らが奏でる音楽は、多くの人の共感を生んで時代の音楽になっていきます。
佐藤健さんと三浦翔平さんが元から仲が良く、撮影やレコーディングの合間にもお互いの事を思いやっているところが、すごくリアルな、秋と瞬のやりとりを見ているようです! しっかりキズナで繋がっているんですね。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP