ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「AQUOS PHONE si SH-01E/SH-01E Vivienne Westwood」、「Galaxy S II LTE SC-03D」のソフトウェアアップデートを提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは3月28日、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE si SH-01E」と「SH-01E Vivienne Westwood」、Samsung製Androidスマートフォン「Galaxy S II LTE SC-03D」の3機種に対して、システムの不具合解消を目的としたアップデートの提供を開始しました。AQUOS PHONE si SH-01E/SH-01E Vivienne Westwoodのアップデートでは、スリープ中にがフリーズする事象、標準ブラウザでのファイルダウンロードに失敗する事象、(SH-01Eのみ)YouTubeTM視聴時にリプレイ再生が途中で止まってしまう事象が改善されます。アップデート時間はどちらも約4分、アップデート後のビルド番号は、SH-01Eが「01.00.04」、SH-01E Vivienne Westwoodが「01.00.02」。Galaxy S II LTE SC-03Dのアップデートでは、画面ロックのロック解除パターンが横にずれて表示される事象が改善されるほか、Google Playブックスのアプリがプリインストールアプリとして追加されます。アップデートにかかる時間は5分~12分。アップデート後のビルド番号は「IMM76D.OMMP3」になります。Source : NTTドコモ(SH-01E)(SH-01E Vivienne Westwood)(SC-03D



(juggly.cn)記事関連リンク
NECビッグローブ、新型Android端末「MEDIAS NE-202」とデータ通信用SIMカードをセットにした「ほぼスマホ」を発売開始
Galaxy S 4 Exynos 5 Octa版(GT-I9500)のベンチマークスコア
NTTドコモ、佐賀銀行と肥後銀行の店舗に公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」を導入

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP