ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米T-MobileがLTEデータ通信サービスの提供を発表、Galaxy S 4、HTC One、Galaxy Note II、iPhone 5などが対応機種として発売される予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米T-Mobileは現地時間3月26日、LTE方式を採用した高速データ通信サービスの提供を正式発表しました。T-MobileのLTEサービスは開始当初、ボルチモア、ヒューストン、カンザスシティ、ラスベガス、フェニックス、サンノゼ、ワシントンD.C.の主要都市7箇所で開始され、2013年までには2億人のユーザをカバーできるようエリア展開が進められル予定となっています。発表されたLTE対応機種は、Galaxy S 4、HTC One、Galaxy Note II、BlackBerry Z10、iPhone 5。このほかデータ通信端末としてLTE対応モバイルルーター「T-Mobile Sonic 2.0 Mobile HotSpot LTE」も提供されます。発売時期は、Galaxy S 4は5月1日、HTC Oneは4月下旬、既に販売されているGalaxy Note IIはOTAアップデートでLTEに対応予定。iPhone 5は4月12日に発売される予定で、後述のSimple Choiceプランに加入することで、$99.99(コントラクト無し)で購入できます(通常の2年契約では$20で購入可能)。T-MobileはLTEサービスの提供に合わせてLTE対応機種向けの新料金プラン”Simple Choice Plan”を発表しました。これは、1台につき無制限の通話・SMS、50MBのデータ通信が基本料金月額$50で利用でき、追加料金を支払うことで複数の端末を利用できるようにするというもの。2台目は月額$30、3台目以降は月額$10で追加できます。1台あたりのデータ通信量は基本500MBですが、1台あたり月額$10を追加で支払うことで②GBを追加することが可能、月額$20の支払えば無制限になります。Source : T-Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
Gogole PlayムービーのAndroidアプリがv2.4.14にアップデート、キーワード検索機能やライブラリのリフレッシュが可能に、米国ユーザー限定で映画のキャストや使用曲、関連動画の情報をカード風に表示する「Info Cards」機能が追加
Android版「Google翻訳」がv2.6にアップデート、オフライン翻訳やカメラモードの縦書き文字の翻訳に対応
@niftyニュースの公式Androidアプリがリリース、記事が読みやすいシンプルなUIを採用

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP