ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia SPのデモ映像、グローブモードやライトエフェクト機能を搭載し、DUALSHOCK3に標準対応していることが判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英国の通販ショップ CloveがSony Mobileより先週発表された「Xperia SP」のデモ映像を公開しました。端末はプレプロダクションモデルらしく、内容が製品版とは異なる場合があるとしています。Xperia SPは4.6インチHDディスプレイとSnapdreagon S4 MSM8960Pro 1.7GHzデュアルコアプロセッサ、800万画素のExmor RSカメラ、2,370mAhの大容量バッテリーを搭載したハイエンドモデルの一つ。現時点で海外では今年4月末より発売されると言われています。デモ映像では外装とソフトウェアに関して説明が行われています。動画の中で目についたことをいくつかピックアップします。まずは、バックカバーは取外し可能みたいですが、バッテリーは固定式で取り外せない模様です。カバーを外すとMicro SIMカードとMicro SDカードスロットが現れます。、ソフトウェアのところで、「画面設定」に「グローブモード」がありました。これはタッチパネルの感度を高めて手袋をはめた状態でもタッチ操作できるようにするもの。Floating Touch対応のXperia Solaにも搭載されています。ホバーアクションでも操作できるのではないでしょうか。Xperia SPにはXperia S/UにみられるFloating Prismのような透明バーが仕込まれており、7色で光ります。画面設定にはそれを活用した「ライトエフェクト」という項目が用意されており、通知や着信、SMSで色を選択できるほか、ミュージックプレイヤーやフォトアルバムとも連動することにもなっています。Xperia UとLive With Walkmanの技術が応用されているみたいですね。このほか、Xperia Tablet Zと同じくPS3向けコントローラー(DUALSHOCK3)にも標準対応しています(「Xperia」カテゴリでその項目がみられます)。Source : Clove



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、「新生活キャンペーン」と称したゲームアプリの値引きセールをGoogle Playストアで開始
Xperia Tablet Z LTE版(SGP321)の英国価格は£412(約58,000円)+VAT、発売日は5月20日ごろ
Amazonスマートフォンは4.7インチディスプレイを採用、他の仕様も強化しているとの噂(DigiTimes報道)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP