体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

消費者庁 森まさこ大臣定例記者会見〜『少子化危機突破タスクフォース』の開催について他

消費者庁 森まさこ大臣定例記者会見

消費者庁 森まさこ大臣定例記者会見〜『少子化危機突破タスクフォース』の開催について〜他

2013年3月26日の消費者庁 森まさこ大臣定例記者会見の模様を書き起こしでご紹介します。

幼児教育無償化に関する関係閣僚・与党実務者連絡会議

森大臣:私の方からは、3つ報告がございます。1つ「幼児教育無償化」に関する件で、昨日18時から『第1回幼児教育無償化に関する関係閣僚・与党実務者連絡会議』を開催いたしました。昨日の会議後の記者会見でも申し上げましたが、会議では下村文部科学省大臣から、”就学前教育””幼児期の教育”というものが、「その後の人生を豊かにする」そこに寄与し、社会的経済的効果が大きいということで諸外国で「幼児教育無償化」に舵をきっているというようなお話がありました。
更にその後の自由討議では就学前教育を受けていない層に、手を伸ばすべきだという意見、待機児童の解消や保育の質向上、これが重要であるので、こちらはきちんとやるのだと、幼児期教育の無償と両立させて待機児童の解消等も平行して進めるというメッセージを国民に出すべきだと。それから、「幼児教育無償化」については財源の問題が非常に困難であるので、一気に行うのは難しいので対象を絞って開始し、段階的に進めてはどうかと言う意見、「幼児教育の無償化」という時に幼児教育と保育の内容的な整理をする必要があるのでは、といった、様々な意見が出されました。
今後のスケジュールとしては月一回のペースで開催し、論点等については更に深堀りをした検討を行い5月〜6月を目途に連絡会議として何らかの結果を出せるようにしたいと思います。

少子化危機突破タスクフォース

大臣:2点目は「少子化危機突破タスクフォース」でございます。このたび、わたくしの元に少子化対策について専門的な、助言や提言をいただく組織として「少子化危機突破タスクフォース」を立ち上げることと致しました。
このタスクフォースは結婚・妊娠・出産・育児のすべてのステージにおける課題の解消を目指すとともに、家族を中心におきつつ、地域全体で子育てを支援していく取り組みを推進等について意見交換を行うもので、メンバーはお手元にお配りしている資料*1のとおりです。明日、3月27日水曜日に第1回のタスクフォース開催を予定しており、冒頭にわたくしが挨拶を致します。詳細は事務方までお問い合わせをお願い致します。

*1:[「少子化危機突破タスクフォース」の開催について]2013年03月26日『内閣府政策統括官(共生社会政策担当)』

若者・女性活躍推進フォーラム

大臣:3つ目でございますが、今度は女性の方でございます。第5回「若者・女性活躍推進フォーラム」お手元の配布資料*2の通り、女性の活躍をテーマに4月20日土曜日に群馬県で開催を致します。地域の女性経営者や、女性活躍企業経営者・農業関係者・男性の育休取得経験者などから、女性の活躍推進の取り組みを行う地元中小企業等への支援。ワークライフバランスの推進など、男女がともに仕事と子育てや生活を両立できる環境整備の促進。女性の活躍促進を通じた地域経済活性化。女性農業従事者の支援。これについて様々な意見交換を行い、今後の対策案とりまとめに反映させていきたいと考えております。
また、会議は公開と致しまして共催の群馬県を通じて一般参加者を募集致します。
以上でございます。

*2:「第5回 若者・女性活躍推進フォーラムの開催について」2013年03月26日『内閣官房』

質疑応答

記者:活躍推進フォーラムなのですが、開催に群馬県を選ばれた理由はどういったことでしょうか?

大臣:地方で開催をしようかと思いまして、官邸でやっておりますとどうしても都会の論点中心になって参りますので”待機児童”等の問題等が特に話合われる訳でございますが、地域ではまた別の問題がございますので、そういった意味で、すべての都道府県のM字カーブの深さと、要因の平均点と図をつくりまして、その中のちょうど真ん中あたりにあるのが群馬県なんです。M字カーブの深さとか、出生率というのが、平均的であるということで地域の女性の活躍の状況や、課題、農業や、自営業での女性の活躍などについて代表的な声が伺えるというふうに考えまして(群馬県を)選びました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。