ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ココロの壁を乗りこえたい! 男性が警戒しない「距離の取り方」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


好きな人との距離の取り方を考えることありませんか。関係性の距離もそうですが、気になる彼とは物理的な距離の取り方も悩ましいもの。
人にはそれぞれ「パーソナルスペース」という、他人が入ってくると不快に感じるエリアが存在します。恋する人と近づいていくには、この物理的なパーソナルスペースの壁を越える必要があります。
彼に近づいていくのにおすすめの角度はどれでしょう?
正面からは、お互いの全部が見合える角度ですが、心理的には圧迫感があるようです。
こちらが近づくと、あちらが遠ざかるなど、適正な距離を保つため身構えてしまいがちです。正面から近づく時は、ゆっくりめに近づいてみるといいかもしれませ
ん。
真後ろからは、男性は割と警戒しやすいです。
本能的に背後をとられるのは苦手なようです。女性だって、見えないところから近づかれると驚いてしまいますよね。真後ろから近づく時は、声をかけたり、物音を立てたり、「近づいていきますよ~」と
合図しながらにしましょう。
からは、一番近づきやすい角度です。
心理的には、全部を見られる緊張感がないので、リラックスしやすいようです。電車の横に並んだ座席など、日常生活の中で横に人が来ることには慣れている場合が多いので、他人を受け入れやすいようです。
これを応用すると、例えば、立ち話をする時、正面に立つのではなく、少し斜めに角度をずらした方が話しやすかったりします。ふたりで飲みに行った時、テーブル席で向かい合わせに座るよりも、カウンター席で並んで座る方が深い話ができたりします。
物理的な距離が近づけたら、心の距離も近づきやすくなるかもしれません。
photo by Thinkstock/Getty Images
(恋愛セラピスト/大塚統子)



(グリッティ)記事関連リンク
SNS全盛期の今…Facebookで繋がっていない彼とは結婚はない!?
フェスにもクラブにもなっちゃう! 「DJ彼氏タブレット」を選ぶ6つの理由
浮気をしている男は○○に変化が! 疑わしい彼のチェックポイント11

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP