ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「Optimus G L-01E」「ARROWS Tab LTE F-01D」「Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01D」のソフトウェアアップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは3月26日、LG製Androidスマートフォン「Optimus G L-01E」、富士通製Androidタブレット「ARROWS Tab LTE F-01D」、Samsung製Androidタブレット「Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01D」の3機種に対して、システムの不具合解消を目的としたアップデートの提供を開始しました。Optimus LTE L-01Eのアップデートでは、モバイルネットワークの通信事業者設定を「自動選択」以外に変更した後、「自動選択」に戻すとエラーとなる事象が改善されるそうです。アップデートは「端末情報」→「ソフトウェア更新」より実施できます。アップデートにかかかる時間は約4分。アップデート後のビルド番号は「L01E10c」です。ARROWS Tab LTE F-01Dのアップデートでは、ダウンロード動画を再生中に早送りをすると、画面が真っ暗になる事象が改善されるそうです。アップデートにかかる時間は約4分。アップデート後のソフトウェアビルドは「V10R32D」です。Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01Dのアップデートでは、spモードメールでメールを作成しているときに、特定の文字を入力するとエラーメッセージが表示される事象が改善されるそうです。アップデートにかかる時間は約7分~13分。アップデート後のソフトウェアビルドは「IMM76D.OMMP2」です。Source : NTTドコモ(L-01E)(F-01D)(SC-01D



(juggly.cn)記事関連リンク
Motorolaが自社製端末のOSアップデート情報を更新、KDDI向けRAZRとXOOMはAndroid 4.0.4止まり
HTC、「HTC Butterfly」の後継機種の開発を検討中、Butterflyを採用した名前が付くらしい
SamsungがGalaxy Cameraの新型を開発中との噂、「Galaxy NXシリーズ」の事?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP