体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『STUDIO MUSIX』メインMC May’nインタビュー 「今年もみんなと一緒に音楽やライブを作って行きたい」

May'n

13歳の時に受けたオーディションで圧倒的な歌唱力を披露しデビュー。2008年テレビアニメ『マクロスF』にて銀河の歌姫シェリル・ノームの歌を担当し大ブレイク。
国内外でのライブを精力的に行っており、2010年、2011年と2年連続で日本武道館単独コンサートを開催しチケットは即日完売、また2度の単独アジアツアーの他、ヨーロッパ、アメリカでのライブも展開している。
2012年には自身初となる横浜アリーナ単独公演、さらにはアメリカ、中国、ドイツ、フランス、韓国、香港など6カ国10公演を含む全34公演のワールドツアー『ROCK YOUR BEATS』を開催し大成功を収めた。
2013年もその勢いは止まらず、3月には3度目となる日本武道館コンサートMay’n Special Concert 2013「MIC-A-MANIA」を開催!さらに5月からは初のアコースティックライブツアーを行うなど、2013年も圧倒的な歌唱力と伸びのあるハイトーンヴォイスで人々を魅了し続ける。

——今回で『STUDIO MUSIX』は22回目を迎えるわけですが、これまで番組MCをされてみていかがですか?

May’n:22回目……。実感が無いです。出演してくださるアーティストの方とはライブイベントなどでご一緒させていただくことはあっても、ゆっくりとお話する機会がありませんでしたが、この番組を通してお話させていただく機会が増えました。番組で初めてお会いした方もいますし、私にとっていろいろな出会いをいただける番組です。

——特に印象に残っている回はありますか?

May’n:茅原実里さんがゲストに来てくださった一番最初の回です。音楽番組の司会は初めてでしたし、初回放送ということで私自身とても緊張していて、どういうふうに喋ろうか、どういう事を聞けばいいのかなと本当に不安でした。茅原さんとは以前からいろいろな場所でご一緒させていただいていて、いつも優しく接してくださる先輩だったので、茅原実里さんだからこそ緊張しないで一回目の収録を終えることができたんだと思っています。

——May’nさんはラジオパーソナリティやニコ生などもされていますが、May’nさんの中でどのように違いがあるのでしょうか?

May’n:普段お友達とおしゃべりするのはすごく好きなのですが、テレビやラジオなどでMay’nとしてお話する時は「思っていることをどんな言葉で伝えたらいいのだろう」と考えてしまい、毎回緊張してしまいます。私は自分の中にある“伝えたいもの”を歌で表現したいと思い歌ってきたので、言葉で表現することが最初はとても難しかったです。今はラジオやSTUDIO MUSIXなどの経験を通して、言葉でももっともっと伝えたいという想いが強くなってきました。

——元々しゃべることが好きだったんですか?

May’n:お友達としゃべるのは好きなのですが、どちらかというと聞き役なので、司会として自分から話しを進めていくことが最初は難しかったです。最近は直ってきたのですが人見知りなので、番組でも初対面の方がゲストの時はすごく緊張していました。

——普段の自分とMay’nとの違いというのはどういうところなのでしょうか?

May’n:普段は思っていることを一言で言ってしまいます。例えば美味しいものを食べたときは「美味しいな」、素敵な曲を聞いたときは「いい曲だな」と。「料理のここが美味しい」、「曲のこういうところが好き」と言うのではなく、スイッチが入っていないときは言葉を膨らませず一言で終わらせてしまいます。
ボキャブラリーをもっと増やして、もっともっと深くみなさんに思っていることを伝えたいと常に思っているのですが・・・。

May'n
1 2 3次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。