ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Note 10.1 米国・Wi-Fi版(GT-N8013)にJZO54K.M8013UEUCMB3へのアップデートが配信開始、なぜかマルチウィンドウ機能が削除される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SamsungのSペン対応10.1インチタブレット「Galaxy Note 10.1」の米国・Wi-Fi版にソフトウェアアップデートの配信が開始されました。配信ビルドは「JZO54K.M8013UEUCMB3」で、OSバージョンはAndroid 4.1.2、カーネルバージョンは3.0.31系と前回ビルドと同じです。マイナーアップデートのようです。アップデート内容は公開されていませんが、更新ファイルの容量が28MBほどあるので機能追加などが行われている可能性があります。私の方で気が付いたことは、1画面に2つのアプリを表示できるマルチウィンドウ機能がなぜか削除されたこと。システムバーや設定画面からマルチ画面機能に関するアイコンやオプションが削除されたほか、Sノートや標準ブラウザで直接マルチウィンドウ機能を利用しようとしてもアイコンやメニューにそれらしきものがなく利用できませんでした。マルチウィンドウ機能の削除は一時的なものなのか、それとも永久的なのかわかりません。Thank you!Akiさん



(juggly.cn)記事関連リンク
災害用音声お届けサービス、2013年4月1日よりNTTドコモ / au / ソフトバンク間で相互運用開始
東京モノレール、Android・iPhone向けに同社公式サイトのスマートフォン版を公開
HTC One(801e)ブラックの純正モックアップが発売中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP