ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

未発表のGalaxy Tab 3 PlusはフルHDのAMOLEDパネルとExynos 5 Octaを搭載?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

SamMobileがSamsungのハイスペックタブレットと見られる「Galaxy Tab 3 Plus」のディスプレイとプロセッサ仕様に関する”流出情報”を伝えています。情報元は、同サイトがインサイダーと呼んでいるSamsung関係者で、その型によると、Galaxy Tab 7.7のAMOLEDパネルに対してユーザーからのポジティブな評価が多いことを受けて、Samsungはそれよりも画面サイズの大きい製品でもAMOLEDパネルを採用することを検討しているそうです。その製品がGalaxy Tab 3 Plusとされています。解像度は”フルHD”。どの画面サイズを採用するのかは決定していないそうですが、現時点では、10.1インチと11.6インチの試作機で評価などが行われているそうです。プロセッサについては、Galaxy S 4のグローバル向け3G版で採用されたExynos 5 Octa(4コア+4コア)が搭載されることに決定した伝えられています。Galaxy Tab 3 Plusと見られるGT-P82XXは、Samsungが公開したUAProfによると、2,560×1,600ピクセルのディスプレイを搭載します。フルHDだと情報が食い違うことになるので、どちらかの情報が正確ではないことになります。Galaxy Tab 3 Plusを含むGalaxy Tab 3シリーズは、Galaxy Note IIの次期モデル「Galaxy Note III」と一緒に今年9月にドイツで開催されるIFAイベントで披露されると噂されています。Source : SamMobile



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Tablet SのJelly Beanアップデートは4月末に延期
HTC Butterflyのクローンが登場、5インチHDディスプレイ・MT6589クアッドコアプロセッサを搭載
ZTEの新たな5インチスマートフォン「V987」の機種名は「Grand X Quad」らしい、プレス画像も流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。