ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ねこ背で腰痛や便秘、肩の痛みも 腕を組む人は注意が必要

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 写真に写った自分の後ろ姿を見て愕然とした経験はないだろうか。ねこ背になると老けてみえるだけでなく、不調の原因にもなる。

「“お皿を洗う”“アイロンを掛ける”など、女性が日常的に行う家事のほとんどの動作は、腕を前に出して行うもの。また、近年のIT化で、パソコンを操作する行為や、携帯電話でメールを打つといった行為が頻繁に行われますが、これらの動作はすべて自然と下を向くことに。それに連動して肩が前に出て、背中が丸くなります。これこそがねこ背の大きな原因なのです」と話すのは、ねこ背治療に詳しい碓田拓磨さん。

 丸い背中がクセになると、本来ラクなはずの正しい姿勢が苦痛になり、常にねこ背になるという悪循環に陥る。

「ねこ背だと、実年齢よりも5才くらい老けて見え、印象もダウン。さらに骨格や筋肉、神経系に負担をかけるため、これが原因で、腰痛や肩こり、頭痛、便秘、自律神経失調症など、体の不調を招く原因にもなってしまいます」(碓田さん・以下同)

 原因不明の体調不良を訴え、あちこちの病院で治療や投薬を受けても改善されず、姿勢改善を行ったところ、それらが治ったという人も少なくないそう。

 ねこ背自体は病気ではないけれど、“たかがねこ背”と侮るのは大間違い。見た目にも体調にも多大に影響することを知って、日々の姿勢に気を配りたい。

 関節や筋肉、胃などに影響が大きい背中ねこ背は、背中の真ん中あたりに丸まりの頂点がくるタイプで、腕を組むクセのある人がなりやすい傾向にある。

「背中の中心に負荷が集中するため、関節や筋肉に痛みが生じやすくなります。また、内臓の自律神経を圧迫するので、胃や肝臓の働きを低下させて胸焼けや胃酸過多などになることも」

 腰痛や便秘になりやすいのが、腰ねこ背で、腰に丸まりの頂点があるのが特徴。立っているときは目立たないが、座っているときになりやすく、手で腰を触ると、背骨のゴツゴツした突起が感じられる人は要注意。足をよく組む人もなりやすい。

「腰に負担がかかるので、椎間板ヘルニアを引き起こす危険も。便秘の原因にもなるので注意」

 女性に多く、腰を痛めやすいのがお腹ねこ背。立ったときにわかりやすく、お尻が後ろに出過ぎているタイプと、お腹が前に突き出て腰が反りすぎているタイプがある。

「ハイヒールを履く女性がなりやすい。腰に大きな負担がかかるので腰痛に悩まされたり、腰が強く反ったぶん、首ねこ背や背中ねこ背を誘発する危険も」

 最後に、頭が前に突き出て見え、肩の痛みに悩む首ねこ背。首のつけ根あたりに丸まりの頂点があり、頭だけが前に突き出て見えるのが特徴。高い枕で寝ている人がなりやすい傾向がある。

「首から背中上部にかけての神経を圧迫するので、肩や腕がしびれたり、肺や心臓、気管支に負担をかけることも。四十肩、五十肩に悩まされやすいのもこのタイプの人が多い」

※女性セブン2013年4月4日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
“肩甲骨ダンス”実践70才女性 背中の贅肉が減りナンパされる
【書評】下痢やおならのしくみ等尻の病気や悩みを解説した本
家電コンシェルジュ・神原サリーがススメる寒さ対策家電×4

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP