ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「機動警察パトレイバー」実写版プロジェクト〈PATLABOR〉が始動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

「機動警察パトレイバー」の実写版プロジェクト〈PATLABOR〉が始動したことがあきらかとなった。

「機動警察パトレイバー」は、ゆうきまさみ、押井守、出渕裕、高田明美、伊藤和典が参加したヘッドギアの原作による、近未来の東京を舞台にしたメディアミックス作品。漫画、OVA、TVアニメ、劇場アニメ、小説などさまざまな媒体で企画が展開され、〈レイバー〉と呼ばれるロボットが登場する、SF的でありながら現実味に溢れた設定と、魅力的なキャラクターの人間模様が交錯するストーリーで人気を集めた。

このたびオープンしたオフィシャルサイトには、〈実写版プロジェクト起動〉の告知と〈COMING IN 2014〉というメッセージが掲載。クレジットによると、制作は東北新社とオムニバス・ジャパンが担当する模様だ。ファンは続報が届くのを楽しみにしておこう。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP