体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小さな頃からお寺の縁側で踊っていました/二階堂和美さんインタビュー(1/3)

小さな頃からお寺の縁側で踊っていました/二階堂和美さんインタビュー(1/3)

歌手であり、お坊さんでもある二階堂和美さん(以下、ニカさん)インタビューです。

実は、私は歌手としてのニカさんのファン。すごく会いたいけれど、ずっとその一歩が踏み出せずにいました。「ニカさんに会いたい」という気持ちだけでは、「坊主めくり」ができないと思っていたのです(案外、ストイック)。

でも、2011年7月に発表されたアルバム『にじみ』を聴いて気持ちが決まりました。ニカさんが全曲作詞作曲を手がけたこのアルバムからは、仏教がにじんでいるのを強く感じたからです。それでもまだ尻込みしていた私の背中を押してくれたのは、『お寺座LIVE』の雪山俊隆さん。「ニカさんに取り次いであげるよ」と温かく背中を押してくれて、ようやくインタビューを申し込むことができたのでした。

ニカさんの人生のこと、『にじみ』のこと、そしてお坊さんとしてのニカさんのこと。広島のニカさんのお寺で行った超ロングインタビューを3回に分けて、週一回更新でお届けします。ぜひ、最後までおつきあいください。

のびのび育った”三つ子の魂”がステージに

子どものころのニカさん

――小さいころから大学に行くまでは、ずっとこのお寺で育ったんですか?
母が仕事を持っていたので、私は1歳から4歳まで山口県の母の実家に預けられて、三年間を祖父母と三人で暮らしたんです。姉はお寺の近所の人に見てもらっていたらしいけど、私の時はさらに思い切ったようで(笑)。

でもね、それは私にとって、すごくよかったと断言できることで。おばあちゃんたちは家族が会いに来て帰るときに「すごくつらそうでかわいそうだった」って言うんだけど、ほんとに祖父母がかわいがってくれたから完全に安心していたし、いろんな意味で豊かな感情を育んでもらったと思う。

だから、4歳でこっちに帰ってきてからのほうがむしろ居心地悪くて(笑)。実家なのに、きゅーっと縮こまっちゃった。保育園に行っても運動ができないからいじめられるし、お寺ってちょっと特殊だし、母は小学校の先生だったからいわゆるご近所づきあいも他の家のお母さんたちとはちょっと違う。だから、子どもの頃はすごく内気で引っ込み思案な感じだったんですけど、変わってくるもんですね。

――変わってくるもんですね(笑)。ステージ上では「三つ子の魂百まで」の部分が出ているんでしょうか。
そうだと思うんですよね。のびのび育ててもらった部分が20歳を過ぎてからだんだん生きてくる感じがあって。でも、お寺の縁側でめちゃくちゃ踊り狂っている8ミリ映像が残っているのね。全盛期だったピンクレディをマネして歌って踊って、家族にも「わー、上手上手!」みたいにほめてもらって調子に乗ってたんだろうね(笑)。

2006年に、広島クラブクアトロでライブしたときに両親が見に来たんですけど、ステージで歌い踊る私を見て、「小さい時に縁側で踊り狂ってた和美とまったく同じだった!」ってすごいびっくりしていました(笑)。

バンドデビューは骸骨のアルバムで「ナナナナナナッ!」

――音楽活動はいつからはじめたんですか?
高校2年生の頃にはじめたコピーバンドが最初でした。合宿のバスでカラオケみたいなのが回ってきて歌ったら、「二階堂は歌がうまい」ってなって「ボーカルやって」って言われたんです。CDをぱっと渡されたら骸骨の絵がついてて「ええー?」みたいな。

――骸骨の絵のアルバムって、誰だろう?
ガンズ・アンド・ローゼズっていうバンド。その頃、すごく流行っていたんです。私は竹内まりやとか聴いていたからそんなの全然知らなくて。でも、バンドやってみたい!っていう憧れはあったし、せっかく話が来たから「ナナナナナナッ!」(ガンズ・アンド・ローゼズ「welcome to the jungle」の一部)ってやっていて(笑)。当時は親も心配だったと思うけど。

――突然、娘がシャウトしながら歌の練習をはじめたら…(笑)。

フギャー!とかね(笑)。歌詞の意味がわかったらもっとまずいよね。受け身ではじめたことだったので、「ブラック・サバスやろう!」「ふむふむ」「アンスラックスは?」「なんでもいいよ」みたいな感じだった。大学に入ってからも最初はジャニス・ジョプリンのコピーバンドをやったりしていました。

――ニカさんが歌うジャニス、聴いてみたいなあ。大学は山口のほうに行かれたんですよね?
そう。ちょっと意固地なところがあって「都会に出るのはナンパだ」みたいな感じで、あえて地元に近いところを選んで。ほんとは出てみたかったくせにね。あの頃はインターネットもないし、山口って県内に一軒もタワーレコードみたいなお店やライブハウスもないし、コンサートも誰も来ない。でも、同級生や先輩に面白い人がたくさんいて、いつも誰かの家でレコードを聴いてあーだこーだ言っていました。ちょっと上の世代の人たちの学生時代の遊びに似ていたのかもしれないね。少ない情報から、どうにかおもしろいことを探す感じは、今思えばとってもいい経験だったなって思う。

人生の「いやぁ、まいった!」で仏教にまた出会って

2003年の頃のニカさん

――大学のときは何を勉強していたんですか?
教育学。学部のときは小学校教員の、大学院では美術教育の勉強をしていました。絵を描いたり写真を撮ったり、美術の制作に熱を上げてましたね。教育実習に行くとすごく熱くなったし、まんざらでもなかったんです。でも、教員採用試験も厳しい時代で、それよりもレコード会社にテープを送って反応がくる打率のほうがよかったのね(笑)。どっちも狭き門なんだったら「私、音楽のほうが向いてるんじゃないかな?」と思って。

――とはいえ、東京に出ていくのはかなり勇気がいることだったんじゃないかな。
うん、勇気いった。都会に出ることを、どこかかっこわるいと思っていたし。でもレコード会社の人にスカウトされたことや、当時つきあっていた人が東京の人だったこともあって、もう、ここは調子づいてみよう!と。結局、将来は寺に戻ることを条件に、恋人も紹介して、親も渋々納得して東京に出してくれたんです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。