体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

株式会社立ルネサンス高等学校 桃井校長インタビュー

東京プレスクラブでは2012年9月10日「日本国政府はどさくさまぎれに「株式会社学校特区」を潰す気のようです。」にて通信制の株式会社立高等学校についてふれました。
同9月27日、株式会社立ルネサンス高等学校校長桃井隆良さんに通信制高校についての熱い話を聞いて参りました。多様性をもたせながらも通信制高校を運営する桃井校長の激白インタビューです。

株式会社立ルネサンス高等学校 桃井校長インタビュー

以下全文書起し。

株式会社立ルネサンス高等学校 桃井校長インタビュー

記者
お役所からの規制に対して気付かれた事があるというお話しをお願いします。

桃井校長
(ルネサンス高等学校は)7年前に 生徒が120人しかいませんでしたが現在は 3300人です。
会社としてみた時の成長率ではこの少子化の中ではトップクラスじゃないですかね。
ただいつも思っているのは「これっておれが偉かった、おれが成功させたってわけじゃあねえなあ」と。
これが実業家の世界だったら「おれがうまくやったんだ。」、「創意工夫したんだ。」、「従業員も頑張った。」、と言いたい所なんですがそうじゃないんです。
真面目にはやったけど、これはたぶん現状の教育業界が酷い、生徒のニーズに答えた事をやってないから。だから我々レヴェルの努力でもなんとかなったんではないかということです。


 さらに最近改めて僕も理論的に整理できたんですが、明治5年に学制発布されて日本の近代教育の仕組みができて百数十年経ってましてこれはもう完全に制度疲労しちゃってるわけです。
僕はこう思います、法律でも制度でも最初につくられた時は意味がある。目的があるんですよ、世界の中で特定の日本国が学校を作ろうと思ったときには明確にあったんですよ、いや、それは江戸時代が終わり遅れて出発した国だから、まあキャッチアップです。
欧米に負けるな、富国強兵だと近代国家としての体裁を整えるために、とくに富国と強兵については均質なそれなりの優秀な労働力なり、それから昔でいうと兵隊さんです。
当時は均質な労働力や兵隊さんが必要なのに昔は日本は300に分かれていたわけです。
300地方の、そうすると言葉も通じなかったと思います。今は本当に方言がなくなってきました。(下り坂のポーズ↘)おそらく東北弁と鹿児島弁の人は昔言葉が通じなかったんじゃないかと思うんですけど一応義務教育に行くとある程度標準語的な事も教わるから言葉はもう通じるようになるし、日本人(国家)としての意識、時間の観念も芽生え始めると思います。

株式会社立ルネサンス高等学校 桃井校長インタビュー

もちろん僕らは 9:00から5:00まで働くなんて普通だし学校だって 8:30から始まって4:00とかって普通だけど、当時はそういう習慣てあんまりなかったんじゃないかな。
当時は特に農業従事者が多かったじゃないですか。時刻というのもあったと思うけど、やっぱりホントに日の出と共に働いて季節で時間が全然違わけで働く時間も全然違ってて、だから昔岩波新書の労働時間という本を読んでビックリしたんですけれども、確かに江戸時代の農民は搾取されたとか暗いとかいろいろ言うけれども意外と労働時間が短いんです。農業ができない時は藁でなにか作っているとか内職をやっていたとは思いますが、たぶん現代の方が時間的にはよっぽど労働しているわけでしょう、だからやっぱり近代化するという事は規則正しく時間の観念をもって、何時から何時まで働いてとか、そういう事で考えると学校って何で時間割があって色々な授業があってそれをやるのかというのが見えてきます。
今でもそうですけど“協調性のある何とか”とか“時間通りに”とかね、僕も小学校のときに言われた事が今でも小学校から指導され続けているわけです。
 僕が高等学校をはじめてわかった事ですが、高校生の時に「なんでおれは(当時文科系だったから)数学のルートなんとか、関数とかを勉強しなくてはいけないのか全然わかんなかったんです。それを一生懸命勉強してその後なにかに使うのだろうかとか思ってました。ところがこの仕事をするようになってから分かったんです。
それはですね、昔、江戸時代の時は身分制がありました。身分制があるという事は農民は基本的に農民にしかなれないんです。一部の例外を除いて、武士ですら下士と上士では差があって、だから福沢諭吉は「封建制と身分制は親のかたきでございます」と。あんなに頭のいい人だって中津藩では上士になれなかったわけです。ただ幕末になってから勝海舟みたいな逆転も少し出てきましたけど、封建制、身分制がはっきりしている場合生まれながらにして職業は決まっているわけですから何を勉強しなくていけないか明確なんです、逆に言えば選べなかったんですね。農民に必要な教養はこれとこれ、といった感じで全部きまってるという事です。
ところが明治維新になって身分制が打破されたら、農民の子が物理学者になるかもしれないし、商人が数学者になるかもしれない、大工が高級官僚になれるかもしれないし、偉い兵隊さんになるかもしれない。と、いろんな可能性があるから、そうなった時に備えて一通りまんべんなく勉強しておかなきゃいけなかったんです、だからそれが喜びだったわけです。
 当時の農民にとっては高等数学が勉強できるってこと自体はあまり必要がないんだけれども、もしかして俺、立派な大学に行って何とかって、夢を持てた。ところが現代は、身分制が全く残ってないとは言わないんですけれども基本的になくなっちゃったじゃないですか。そうすると文芸復興じゃないけれどもレベルやステージが違うんだけれども元に戻るんです。
だから要するにその時には身分制というわけではありませんが、できるだけその人の個性に応じて早めに自分の好きな事に集中する人生を送るという事、ですからまんべんなく全ての教科を勉強するというのは本当に小学生ぐらいまでで良いのではないかと思います。読み書きそろばん的なものとか。あとは中等教育というんですけれども前期中等教育が中学で後期中等教育が高校ですけれどもそれ位からは極端な事を言うと、例えば物理学が好きな人はもう物理学ばっかりやっててもよいのではないかと。もちろん、さらにやりたい事があったら物理学以外にもやってもいいんです。
そういう多様性が出て来た時に一つの場所に集めて一律の教育はしづらくなってしまうんで共通にやらなければいけないという事を絞り込んでそれだけは生徒を集めてやる、それ以外は基本的には通信教育でよいのではないかと思いました。
 だから僕は通信教育が仕事(産業)になるのではないかと思いました。だって本を読むって通信教育だなと思うんだけれども、だから僕はそういう意味では、通信教育が主流になるという考えなんですけれどもそういう意見自体が教育界では少数派なんです、主流じゃ全然ないんです、あくまでも通信教育というのは受け皿だ、全日制に行けない生徒たちが行く所だと思ってるようだけど、僕は集めてやらなければいけないという事は何かという事がすごく気になっていて、もしかしたらそれはディスカッションが必要な授業であったりそれから先生がまあ、マイケル・サンデルは必ずしもいいと思わないけどインタラクティブな掛け合いトークみたいな授業をしてるとか、討論をしないといけないのとか、あと実験とか、うちの学校にはいってすぐやる「仮説実験授業」というのはどういうのかというと、ある問題があってそれについて各自が選択をして、仮説を立てます。そしてそれをそれぞれの立場で討論する。討論した結果選択肢を選ばさせておいて実験して決着をつける。そうすると子供たちが面白い事がわかるのは必ずしも多数派の意見が勝つとは限らない、真理は多数決では決まらない、そういう事をやりながら科学の勉強をしていくとか、そういうのは集めてやった方がいいですよ。
だけど例えば漢字の練習とか計算の練習とかというのは原理さえ教えたら後は自分でやるものだし、適塾(適々斎塾)なんかもよくよく聞いてみるとほとんど緒方洪庵なんか授業しません。ほとんど自分で勉強してるわけです、でわからない所は先輩に聞くというかたちです。森塾なんかそうなんです。異年齢集団が100人ぐらい集まって森先生は勉強を教えないんですよね。
心構えとか礼儀とか、人生観とかそういうのは教えます、あとは勝手に自分たちが一日中勉強してくださいと。だからそこだけ見ると集まってやってるからね。と思うけど別にそれは集まる必要もないものです、人数も多いですし。だから僕は今回文科省から特区内で全部やれと言われた時にやっぱり文科省の考え方は通信教育というのはあくまでサブだという考え方なんだなあと。
僕は電子教科書教材協議会に所属してまして韓国が電子教科書になっていくとか、ネットに対応した事を始めるとしますよね。そういうのに文科省さんも一応名を連ねているんですけれども、なんか本質がわかってないような、なんていうんですか、、、周辺部分が主流になるというのが歴史なんですよ。だから主流派は絶対永遠にならないです。
 だから僕はビルゲイツって偉いなあって思ったのは、あるものに書いてましたもん、ビルゲイツが。
自分はパソコンの時代の勝者だ、けれども歴史の教える所によれば一つの時代の勝者は次の時代の勝者にはなれないと、だから例えば徳川幕府の将軍が明治維新になってから大統領というか首相にはなれないでしょ。やっぱり終わるわけですね。
私は次の時代のネットの勝者になりたいと思っているけれども、歴史の教える所ではだめなんだと2代続けて勝者になる事はないんで、これがものすごくねえ困難な課題なんだとみたいな事書いてたのかな。
てなことをなにかで読んだ事があって、だから次世代の主流が何処かというと周辺部分からで、これはまたちょっとそれますがクリステンセンという経営学者がいて、彼が「イノベーションのジレンマ」という本を書いていて、彼はやっぱりイノベーションが資本主義を活性化させる、させるんだけれども、そのイノベーションの起り方に二つあって、持続的なイノベーションと破壊的なイノベーションがあって。
持続的なイノベーションは主流派がやって。
破壊的なイノベーションは周辺部分がやると。
その一番いい例がパソコンだ、だからIBMはパソコンを作れなかった、DECも作れなかった、マイコンを作ったのは本当は吹けば飛ぶような企業で、かつ最初はおもちゃみたいな感じでおもちゃだった。性能も悪いし、だからもう最初それが仕事に役立つなんて思えないようなものから出発している、だけど結局そういう所からアップルが育ちマイクロソフトが育ったという事を計画的に書いてるんです。
おそらく教育もそういう事が起こるんじゃないかなと僕は思います。
集めてやらないいけない事は何なのかという事をもう一回、僕らも考えますけど全日制の先生なんかも・・・・

株式会社立ルネサンス高等学校 桃井校長インタビュー
1 2 3 4次のページ
東京プレスクラブの記事一覧をみる

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。