体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

部下を育てるためには“仏の顔も7度まで”

 経営者やリーダーにとって、自分の部下やスタッフのやる気をいかに引き出すかは、会社全体の業績を左右する大きな課題です。まして賃金が上がりにくくなっている今、彼らのモチベーションを高めるのはこれまで以上に難しくなっているといえます。
 そんな中、人材育成・組織活性化コンサルタントの中昌子さんは、著書『社員もパートもみずから動き出す「心の報酬」の与え方』で、スタッフが自らやる気を出して、いきいきと働く職場づくりの方法を明かしています。
 賃金に頼らず従業員のモチベーションを高める方法とは何か。中さんご本人にお話を伺いました

■スタッフに「働きがい」を与えるのはリーダーの仕事
―本書『社員もパートもみずから動き出す「心の報酬」の与え方』についてお話を伺えればと思います。まず、タイトルにもある「心の報酬」ですが、これはどういったものを指すのでしょうか。

中「心の報酬とは働く喜びのことで、具体的には三つあります。一つは「役立ち感」、それから「自分自身の成長」、もう一つが「チームや組織としての連帯感、一体感」です。
これらを「心の報酬」と捉え、部下やスタッフにたくさんチャンスを与え、仕組みを考える。そして、チームとして思いを一つにして仕事に向かうと、たとえ賃金はあまり高くなくても、それぞれが自ら働きがいを持って働いてくれるのです」

―今おっしゃった「働きがい」や「モチベーション」ということですと、「賃金」は一つの大きなキーワードです。ただ賃金は際限なく上がるわけではないので、たとえ賃金が思うように上がっていかなくても働きがいを持って働いてもらうためには「心の報酬」は確かに必要かもしれませんね。そのはたらきかけは、やはりリーダーや上司の人がやるべきなのでしょうか。

中「そうですね。ただ、小さな会社だと経営者も直接、スタッフのマネジメントをするケースが多いですから、中小企業の経営者の方も含まれます。私は人材育成・組織活性化コンサルタントとして様々な会社さんを見てきましたが、経営がうまくいくかどうかというのは、彼らがいかにスタッフに働きがいを与えてあげるかにかかっていると思っています」

―中さんがこれまでにコンサルタントとして手掛けてきた職場の問題点として多かったのはどういったものですか?

中「やはり従業員のモチベーションの問題ですね。うまくいっていない会社や職場は、従業員の方々がお金を稼ぐためにだけ働いている感じがします。最初はそれでもいいんですけど、お給料だってそう上がるわけでもないので、だんだんとモチベーションが下がってしまうんです。モチベーションが下がると仕事の質も下がり、結果として企業としての業績もあがらなくなってしまいます」

―本書の中で特に興味深かったのが、働きがいを持っていきいきと仕事をする「わくわく社員」についての箇所です。リーダーはどうすればこのような「わくわく社員」を育成することができるのでしょうか。

中「まず、彼らに関心を持ち、可能性を見出し、役立ち感や成長する機会を与えてあげること、同時にわくわくするための発信をしていくことですね。例えば、新入社員や新しいスタッフが入ってきたら、自分たちの会社が人のため社会のために何をしていて、今後、どんな会社にしていきたいのか、つまり、会社のビジョンや目標、そして、リーダーの仕事に対する熱い思いを一つ一つ根気よく伝えてあげることはすごく大事です。経営理念をオフィスに飾っている会社もありますが、それだけではなく、リーダーが毎日の仕事を通して伝えてあげてほしいですね。朝礼の場も効果がありますよ。こうやってチームの目標を全員で共有することができます。
何といってもわくわく社員を育成する一番の方法は、リーダーみずからがわくわくと仕事をすることです。
親は子の鑑と言われるように、わくわくと働く上司の姿は部下の手本になります。まずは、リーダーに元気な笑顔の朝の挨拶から始めていただきたいです!」

―確かに、朝礼にしても全ての会社がやっているわけではないでしょうし、挨拶も忙しかったりするとなかなかできないものなのかもしれません。

中「中にはちゃんと挨拶をしていますと言う人もいるんですが、相手の顔を見ずに「おはようございます」を言うのは私の言うところの挨拶ではないのです。必ず笑顔で相手の目を見て、明るく元気な声で“今日も一日よろしくね”という気持ちを込めて、リーダー自らみんなに挨拶する。そんな簡単なことで部下のやる気のスイッチが入るんです。ですから、ぜひマネジメントの一つとしておこなっていただきたいですね」

1 2次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。