ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“ホワイトデー”を英語で説明すると?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 日本独自の文化を外国人に説明するのは大変です。
 たとえば、「チャラ男」といった、日本人でないと伝わらないニュアンスを、英語でどう表現すればいいのでしょうか?
 今回は、『パックンマックン★海保知里の笑う英作文』(TBSラジオ/著、扶桑社/刊)から、日本独自の文化を説明するための英語表現をいくつか紹介します。

■“ホワイトデー”を英語で説明すると?
 バレンタインは、もともと欧米から伝わった習慣ですが、チョコレートのお返しをする“ホワイトデー”は欧米にはありません。
 この“お返し”のニュアンスを英語で上手に伝えるには、
 On March 14th , boys give presents back to the girls. (3月14日に男の子は女の子にお返しをする。)
 などとすると、欧米人もわかってくれるはずです。
 くれぐれも、“お返し”を“reverse”などとしないようにしましょう。(“ゲロする”という意味になってしまいます…)

■“チャラ男”ってどんな人?と外国人に聞かれたら?
 ホワイトデーと同様、“チャラ男”も説明が難しい言葉です。
 “チャラ男”を「派手でけばけばしい衣服を着た、浅薄な若者」と定義すると、こんな風にいうことができます。
 Charai comes from the word chara-chara, or jingle. We use it to describe young men. They dress and act cheap, flashy, and gaudy. We call shallow, superficial, flashy young men “charao” or “ chara-men”.(“チャラい”は“チャラチャラ”あるいは金属が鳴る音に由来します。私たちは若い男性を言い表すのにその言葉を使います。彼らは派手でけばけばしい服装、言動をします。私たちはそんな浅薄で派手な若者を“チャラ男”と呼びます。)
 これなら、外国人に“チャラ男”のニュアンスが伝わる気がしますね。

■日米で違う「年賀状」
 年賀状の役割を果たすものは、実は欧米にはありません。クリスマスカードと合わせて新年のあいさつも送ってしまうのが一般的。
 では、日本の年賀状は、英語でどう表現すればいいのでしょうか。
 このように言うと、なんとなく意味が伝わるのではないでしょうか。
 A nengajo is a New Year’s postcard. The postcard usually says, “Happy New Year!”. But, recently, many people send New Year’s greetings by e-mail instead of by postcard.(年賀状は新年のあいさつです。このはがきは普通“あけましておめでとう”と書かれています。しかし、最近でははがきでなくEメールで新年のあいさつをする人も多くいます。)
 ちなみに、“A Happy New Year!”は“よいお年を”という意味。“明けましておめでとう”は頭の“A”をつけずに“Happy New Year!”と言います。

 本書は、「土下座」「おでん」「ゆるキャラ」など、外国人に伝わりにくい日本の文化を、お笑い芸人のパックンマックンとアナウンサーの海保知里さんが、みんなでアイデアを出し合いながら英語にしていくというもの。
 日本を外国人に紹介するには欠かせない表現の数々と、彼らの軽妙なやり取りは、英語に興味がない人でも十分に楽しめるに違いありません。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
東京の街にあふれる「ちょっとヘンな英語」
“How are you?”は死語だった…!?
中2程度の英語力でもネイティブと会話できるか!?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。