ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超豪華声優陣が作家と手を組みチャリティーで復興支援! 「文芸あねもねRトークショー」イベントレポート(前)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 新潮文庫から出版されている文庫本『文芸あねもね』は、「女による女のためのR−18文学賞」にゆかりのある作家陣によって執筆され、2012年3月に刊行された“チャリティー書籍”だ。書籍の印税は東日本大震災の復興支援として全額寄付されるのだが、この趣旨に賛同し、「声優として何かできないか」と考えた井上喜久子さんが、同じく声優の田中敦子さんに声をかけてプロジェクトを立ち上げた。それが「文芸あねもねR」だ。

 「文芸あねもねR」は、人気声優陣がこの文庫に収められている10人の女性作家によって書かれた珠玉のストーリーを朗読、オーディオブックとして配信販売し、諸経費を除いた売上を復興支援として全額寄付するというものだ。「R」は朗読、つまり「Reading」の頭文字から取っている。
 そして3月3日、東京・浜松町の文化放送メディアプラスホールで、「文芸あねもねR」初のイベントを開催!120名の観客の前で、発起人の井上さんと田中さんが豪華なゲスト陣たちとともにトークと朗読を披露した。今回はそのレポートをお届けする。

 ◇   ◇   ◇

 まず、イベント第一部は、発起人である井上さんと田中さんが壇上に立ち『文芸あねもね』との出会いについてからトークがスタートした。
 今からちょうど一年前のこと、井上さんが書店の中を歩いていたところ、自分が所属している事務所と同じ名前の書籍が目に飛び込んできた。それが本書だった。
 さっそく本を手に取り、裏表紙を見てみると、「全額寄付を目的としたチャリティ同人誌」と書かれており、さらに表紙をめくると「この本の一編一編が、まわりまわって遠く被災地で、誰かをあたためる毛布になり、川に架かる橋の手すりとなるよう、心から祈って」という序文があった。この趣意に感激した井上さんは、「私たち声優も何かできないか」と考え、田中さんに声をかけたことからはじまったのだという。

 続いて、第一部のゲストコーナーでは『文芸あねもね』に参加している作家陣から、吉川トリコ先生と彩瀬まる先生が一人ずつ登壇。作品にまつわるトークを繰り広げたほか、特別ゲストも駆け付け、会場を沸かせた。

 吉川先生の「少女病 近親者・ユキ」は元々単行本で発表していた長編小説のスピンオフ作品。現代の『若草物語』をイメージしたといい、この作品では三姉妹のいとこであるユキが主人公となっている。

 オーディオブック版でユキを演じたのは小野大輔さん。実は声優陣のキャスティングも井上さんと田中さんが行ったそうで、二人はキャスティングの大変さに触れながら、小野さんは早い段階から参加にOKを出し、「この作品を読めて良かった!」と言っていたことを明かした。また、終盤では、この作品で三姉妹の母親役を演じる井上さんが、あらすじを朗読した。

 続いてステージに上がったのは「二十三センチの祝福」を執筆した彩瀬先生。
 この作品では、主人公加納役を小山力也さんが、売れないグラビアアイドルの天海ルルコ役を田中理恵さんが演じているのだが、実は彩瀬先生がキャスティング決定のメールを受ける直前に、小山さんが出演している「Fate/Zero」のDVDを見ていたそうで、「メールを見てビックリしました!」というエピソードを披露。
 さらに、ここで本人である小山さんがサプライズゲストとして登場。小山さんもかなりの読書家のようで、父親の影響からデュマ作『巌窟王』などの冒険小説や、トルストイ、ドストエフスキーなどの作品を読んでいたといい、「何でこんなに人間の心のひだひだを何十ページも書けるのだろうと思っていた」と小説家の持つ表現力の凄さを称賛していた。

 ここで前半が終了となり、小休憩に。後半はさらなる特別ゲストが出演し、あの人気アニメの声優陣がまさかの大集合で、会場のボルテージは最高潮に達する…のだが、レポートもここで、一旦小休止を入れよう。
後編へ続く

■「文芸あねもねR」
http://www.joqr.co.jp/anemone-r/



(新刊JP)記事関連リンク
「文芸あねもねRトークショー」イベントレポート後編へ!
絶版本を復刊に結びつけるために
カリスマ書店員が号泣! 話題のライトノベルが文芸単行本化

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。