ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

春らしさ満開! スプレッドを使ったお手軽ちょい足しアレンジレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バターやマーガリン、ピーナッツバターなど、主にパンなどに塗る「スプレッド」が、私たちの味覚を満足させるには欠かせないポピュラーな存在であることは周知の事実。
そんなスプレッドに、独自のコンセプトを打ち出している商品が登場。昨年、明治より発売された『明治クリーミースム~ス』は、ふんわりした食感がトーストしていないパンにぴったりの製品として開発され、人気を集めています。そしてこの春新フレーバーが発売されました。その名も『明治クリーミースム~ス チョコレート仕立て』。本製品は北海道産生クリームをたっぷりと配合し、香り高いチョコレートで仕立てた、焼かないパンにぴったりのムースタイプのスプレッドです。もちろんそのままパンにぬって食べてもとても美味しいのですが、今回は料理研究家の浜田陽子さんに10分以内で出来る時短アレンジレシピを作っていただきました。

★ふんわりもちもち『マシュマロ&クリーミースム~スディップ』★

子供でも作れる超簡単レシピ。まずは耐熱皿にのせたバニラ味のマシュマロをオーブントースターで表面が茶色になるまで焼きます(500Wで3~4分が目安)。この時、マシュマロが膨らむので、少し間隔を置くのがポイント。オーブントースターから取り出したら粉糖やシナモンパウダーなどをお好みでふりかけます。後は、常温でホイップしておいた『クリーミースム~ス』のディップにつけて召し上がれ!!

★餃子の皮で包んだ『チョコスティックフライ』★

ワインやお酒によく合う大人味。餃子の皮にスライスチーズをのせ、その上に『クリーミースム~ス』を塗ってくるくる巻いたスティックを作ります。この時、両端を一回転程ねじっておくのを忘れずに。そのスティックの半分ぐらいが浸る油(180度ぐらいが目安)で表面が茶色になるまで揚げ焼きをして出来上がり。冷めてもとっても美味しいのでレジャーシーンにもピッタリ。

★ジューシー&スウィート『フルーツサンドイッチ』★

女性に嬉しいフルーツたっぷりのちょっとおしゃれな朝ごはん。『クリーミースム~ス』を用意し、サンドイッチ用のパンにお好みで塗ります。後は、食べやすい大きさにカットするだけ。中の具は写真のフレッシュフルーツの他、黄桃やみかんの缶詰でもOK。フルーツ以外では、クラッシュナッツなどを挟んでも美味しくいただけます。

★意外とあっさり!?『トリプルチョコパンケーキ』★

巷で大流行のカフェ風パンケーキのチョコレートアレンジ。まずは市販のホットケーキミックス200gに対して45g(約大さじ3杯)の『クリーミースム~ス』を混ぜた生地をフライパンで焼きます。後は、焼き上がった生地にクリーミースム~スのホイップをトッピングし、さらにレンジなどで温めたクリーミースム~スのソースをかけます。最後に、小さく角切りにしたフルーツで彩れば完成。クリーミースム~スを生地に練り込むことで風味が増し、さらにトッピングすることでほどよいチョコレートの甘さも楽しむことができます。ボリューム満点な見た目からは想像出来ないあっさり味なので、男性も喜んでくれるかも。

朝食だけでなくパーティーやレジャーシーンなど、アレンジ次第でさまざまな味わい方ができる『明治クリーミースム~ス チョコレート仕立て』。ちなみに、今回紹介した以外のレシピも、『クリーミースム~ス』のホームページで紹介しています!まずは一度お試しあれ!
[PR企画]

■関連リンク
明治クリーミースム~ス

(http://news.livedoor.com/article/detail/7516897/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP