ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『コドモ警察』福田雄一監督インタビュー「小学生が小学生に憧れる“パーマン”みたいな感覚」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


外見は小学生の子どもだが中身は大人という刑事たちが活躍する、異色のコメディ『コドモ警察』。ドラマ「33分探偵」「勇者ヨシヒコの冒険」で人気を集める福田雄一監督による同名ドラマの劇場版が、3月20日より全国公開されています。

物語は、彼らを子供の姿へと変えた、宿敵・悪の組織レッドヴィーナスが大統領暗殺を予告してきた事からスタートし、鈴木福君演じる“デカ長”をはじめ、人気子役たちが大人顔負けのアクションに挑戦しています。

今回は先日閉幕した「ゆうばり国際映画祭」での舞台挨拶に登壇した福田監督にインタビュー。作品への想いや、子役達とのやりとりについてお話を伺いました。

【関連記事】50歳役を演じた鈴木福君、メロン熊と共演! 声優ファンも注目の『コドモ警察』
http://getnews.jp/archives/292166


――本作は深夜ドラマの映画化ですが、見た目は子供で中身は大人な刑事が活躍するという設定が新鮮で。何よりも深夜に、福君や子役のみんなを観るという事自体がすごく面白かったです。

福田監督:テレビ作る人達の浅はかな考えで、深夜って女の子のセクシーな映像を流そうとか、ちょっとエッチな番組を作ろうとするんですよね。ずっとそうだったと思うんですけど、絶対その逆、『コドモ警察』みたいに「チビッコが深夜番組に出ている」っていう方がインパクトがあって目立てると思ったんです。

――そのアイデアがバッチリはまったわけですね。

福田監督:『コドモ警察』は、自分が監督も脚本も演出も務めているんですが、なかなか完成したドラマをリアルタイムに観ることって無くて。でも、ある日深夜疲れて帰宅したらたまたまやっていてビックリしましたからね。あの時間帯に子役が演技してるってまず有り得ないですからね(笑)。

このドラマの企画がスタートした時に、プロデューサーの森谷さんが“出現感の強いもの”を作りたいと言っていて、それは大切なんですよね。深夜、みんながテレビをザッピングして観ていて、他局で芸人さんがたくさん出ている楽しそうな番組を放映している中で、深夜ドラマにチャンネルを止めるって事がなかなか大変で。そんな中、鈴木福がスーツ着て刑事やってるっていうのは思わず手が止まっちゃうんですよね。

――驚いて、思わず観ちゃうと。

福田監督:あとはもう一つ狙いがあって、深夜って1人でテレビを観ることが多いじゃないですか。その時に、大人の女性が『コドモ警察』を観て癒されるっていうのは素敵なことなんじゃないかなと。子役の皆が言いづらいセリフを一生懸命頑張って演技しているのを観て「カワイイ~ッ!」って思って欲しくて。

――私も拝見していましたが、毎回癒されてました(笑)。

福田監督:実際、僕が仕事しているテレビ局の女性のプロデューサーさんやスタッフさんが「一回録画したのを何度も繰り返し観てる」と言ってくれたので、受け入れられているという実感があったんですよね。

――お肌がツルツル、プニプニで触りたいほどでした。

福田監督:ほっぺのあたりとかパンパンですもんね。大スクリーンで福君のどアップ見放題ですもんね。撮影していても触りたくなるほっぺですよ。あれは。

――福君最近大人っぽくなりましたよね。

福田監督:映画『コドモ警察』のクランクインの前に、『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』のゲストとして福君に出演してもらったんですが、その時に顔が少しシュっとしたな、と思ったんです。なので、お母さんと福君にもう少し太ってもらうことは出来ますか? とお願いして。そうしたら、僕が作家をしているバラエティ番組で福君が「監督無茶言うなあと思ったこと」という質問に対して「太れって言われた」と言ってて。子供に太れって言うなんて、ロバート・デ・ニーロかって(笑)。そうしたら堂本剛が「あの監督頭おかしいから言う事聞かない方が良いよ」って言ってたみたいですけどね。


――子供がスーツに身を包んだりサングラスをかけているというヴィジュアル面のギャップはもちろん、「とはいえ」「しれっと」と言った“大人言葉”を駆使しているのも可笑しいですね。

福田監督:逆に言えば大人ですら使わないだろって言葉がかなり含まれてるんですよね。本田望結ちゃんにはドラマで「やめときなよ、私金かかる女だよ」とか、何を言ってるんだ君は!? っていうセリフを言わせるのが楽しいんですよね。

その最たるものが、福君と吉瀬美智子さんとのやりとりで。福君がわけの分からないキザなセリフを言いだしはじめたのが、ドラマの3、4話くらいからなんですけど、「俺の中の主演女優はいつも俺だよ」とかね(笑)。

――映画では福君がヘリに乗ってライフルをかまえていますが、アクションも格好良かったです。

福田監督:ドラマが始まった当初は、ワケわかんない苦情も多かったですね。「子役のドラマを深夜でやるとは何事だ」って。別にいいだろ、そんな法律ないだろって(笑)。生放送なら問題ですけど。でも、そうやって文句言われてる時点で勝利なんですよね。俺、怒られたい欲が強くて。テレビの歴史を紐解いていってもですね、怒られるくらいの番組、親が眉をひそめる番組が伝説を作っていったわけで。

――大人になっちゃうと子供に対してつい過保護になってしまいますけど、子供って絶対“ギリギリ”が好きな気がします。

福田監督:子供に人気が出る番組を作ろうと思うと、大人達って目線を下げちゃうんですよね。それで子供に「何これ、つまんない」ってバカにされる。だったら、そんな事しないで大人が面白いと思ったものを作っていれば、子供も背伸びしてそれに追いついてくるし。『コドモ警察』の中で、デカ長とか舞子が難しい言葉を使ってたらお父さんお母さんに「あの言葉どういう意味?」聞くと思うし、コミュニケーションも生まれますよね。

僕達が子供の時に『パーマン』を観てた感覚に近くて。『パーマン』って、僕達と同じ小学生が帽子とバッチをつけただけで空を飛んで、悪と闘うっていう「自分と同じ小学生」っていう所が面白い作品ですよね。それに憧れて「うらやましい!」って思う気持ちを、『コドモ警察』を観た子供たちが抱いたら、大成功だなって思いますね。小学生がピストルを格好良く持ったり、ワイヤーアクションでビュンビュン飛んでるわけですから(笑)。


――とても楽しい現場だった様ですが、撮影が終わった後は寂しかったのでは無いでしょうか?

福田監督:小学校の卒業式で泣いている先生達を見て「なんでお前達が泣くんだよ」って思ってたんですけど、その気持ちが分かりましたね。ドラマ終わった後に映画は決まっていたので幸せだったのですが、この映画の舞台挨拶が終わったらどんだけ悲しいんだろうって恐いです(笑)。

――『ハリー・ポッター』シリーズみたいに、主人公達が大きくなっても続けて欲しいですね。

福田監督:そうなんですよ! まさにさっき福君と話していて、「僕が高校生になってもデカ長をやりたいです」って。他のみんなも、ドラマの撮影が終わった時には僕に駆け寄ってくれて「これって今後スペシャルとか無いんですか?」とか「視聴率が良かったらまた出来るんですか?」とか聞いてきて。だからぜひ続編とかスペシャルをまたやりたいですね。

――ドラマの撮影が終わった際には、みんなにお揃いのキーホルダーをプレゼントしたそうですね。

福田監督:僕が人生で一番好きなモンティ・パイソンの『スパマロット』っていうミュージカルがあるんですけど、そのグッズのキーホルダーを宝物の様に大切にしてたんです。それで、撮影終わった後に記念にと思ってみんなにキーホルダーをあげて。そうしたらちゃんと大切に持ってくれていて、嬉しかったですね。だから、本当この映画が好評だったら、また続編を作って来年も「ゆうばり国際映画祭」に出品したいです。

――どうもありがとうございました!

映画『コドモ警察』
http://kodomokeisatsu.com/

(C)2013映画「コドモ警察」製作委員会

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP