ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無駄にセクシー!『TOKYOViVi』表紙に若槻千夏ディレクションのセーラームーン登場のナゾ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2012年でテレビ放映から20年が経過した『美少女戦士セーラームーン』。2013年夏を目標に新作アニメが制作され、ももいろクローバーZが主題歌を担当すると既に発表になっており、多くのファンがその詳細を首を長くして待っているところ。
そんな中、ファッション誌『ViVi』(講談社)のお姉さん版として発売中の『TOKYOViVi』の表紙に月野うさぎとちびうさが登場しています。

この『セーラームーン』、実はタレントの若槻千夏がディレクション。背中に白い羽根が生え、腰に薄い布を巻いただけのうさぎとちびうさ。肌が眩しい無駄にセクシーな姿にはドキリとさせられます。
目次の次の19ページには、変身後のセーラームーンが白いペガサスをバックにポージング。長い指とワインレッドのマニキュア、大きなセーラー襟から覗く鎖骨、むっちりとしたふともも、そしてミニスカートからチラリと覗いている部分がはっきり言ってかなりHです。

1984年生まれの若槻は『セーラームーン』の大ファンだったのこと。放映時に8歳ならば、ちょうど直撃世代ということになります。今回のディレクションの仕事が実現したことについて「ずっと好きだったセーラームーンとお仕事出来て最高でした!!ワクワクするものを初心に戻って作れた気がします」とコメントし、そのデキに満足している様子。
一方、『セーラームーン』作者の武内直子さんの方も『ViVi』のファンで、それが今回のコラボに繋がったという話。こちらも90年代から2000年はじめ頃までの同誌の影響力を考えれば納得できます。

一見不思議な組み合わせが、実はリスペクトで結ばれていたという『TOKYOViVi』と『セーラームーン』。大人になってからも魅了し続ける月野うさぎというキャラクターの存在の大きさを改めて印象づけるイラストとなっています。裏表紙にもディフォルメされたキュートなセーラー戦士たちが掲載されているので、ファンの人はチェックしましょう。

TOKYOViViブログ
http://blog.vivi.tv/tokyovivi/

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP