ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

花見の極意「シートの下に段ボール」「人数減ったら片付け」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよ迫ってくるお花見シーズン。そこで、お花見の達人であるグラフィックデザイナー・宮村ヤスヲさんに、最高の花見をするための極意を教えてもらう。

 まず、重要なのが、どこで花見をするか。立地がわかっている場所以外は下見や下調べが大前提。どんな場所なのか、近くに店があるか、火気使用OKかなど、周辺環境や地域のルールを知っておくと、場所取りの位置も具体的にイメージできる。

「事前に現場がわかれば、バーベキューをして いたら火気厳禁で厳重注意──せっかくの花見も台なしに…なんてこともありません。なお、参加者への連絡は2週間前ぐらいがベター。悪天候の予備日も一緒に伝えておけば、当日あわてなくてすみます」(宮村さん、以下「」内同)

 トイレの近くは敬遠されるが、飲酒量増に寒さも加わり、トイレの使用頻度は高くなる。ゴミ捨て場も、片付けを終えてさっと帰るには近い方が便利。

「どちらからも近すぎず遠すぎない場所を。集合がバラバラになるなら目印のある場所を、夜桜を楽しむなら提灯や街灯のチェックも必要です。桜の真下に陣取りがちですが、ゴツゴツした根があるので、桜保護のためにも避けましょう」

 昼間でも風が強くなったり、夕方以降は急激に冷えたり…。春といってもまだまだ寒い。特にコンクリートの上は冷たくなるのでレジャーシート1枚は無謀。

「シートの下に段ボールを敷くだけで防寒に (芝生も同様)。女性の足下は冷えやすいのでルームシューズや防寒靴下を準備し、保温インナーやポケットにカイロを入れるなどの工夫をしましょう」

 公共の場を一時的に借りていることを意識して、自然を大切にするのはもちろん、騒音は控えるなど近隣住民への配慮を心がけよう。花見を終えたら使用前以上のキレイさに戻すつもりで。

「大人数の場合は最後にまとめて片付けるのではなく、人数が半分になれば片付け、さらに減ったら片付け…と数回に分けたほうがスマートで合理的です」

※女性セブン2013年3月28日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「片付けられないこと」を気にしすぎ女性 強迫神経症が心配
大掃除、とりあえずは安い「かご」を用意して投げ込むだけでOK
果たして花見は本当に不謹慎なのか 呉智英氏が解説

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP