体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マルチタスク処理もパワフルに!マルチウィンドウで便利に使える「Optimus G Pro L-04E」のQスライド機能をチェック【レビュー】[Optimus_Report]

マルチタスク処理もパワフルに!マルチウィンドウで便利に使える「Optimus G Pro L-04E」のQスライド機能をチェック【レビュー】[Optimus_Report]

動画やネットもマルチウィンドウ表示!
NTTドコモの「2013年春モデル」として4月に発売予定のAndroidスマートフォン「Optimus G Pro L-04E」(LGエレクトロニクス製)を、一足先にお借りしましたので、何回かに渡って紹介してます。

前回は他の機種との比較も含めた外観を紹介しましたが、今回はマルチウィンドウ化して使いやすくなった「Qスライド」機能を紹介したいと思います。

01

Optimus GのQスライド
Qスライドは前機種である「Optimus G L-01E」(NTTドコモ)及び「Optimus G LGL21」(au)にも搭載されている動画を観「ながら」他のことができる機能です。

ポップアップ表示させてマルチタスクでブラウザやメール・SNSが利用できる機能で、大きな特徴として透明度変更することでフォアグランドとバックグランド処理をビジュアルで切り替えることが挙げられます。

Optimus G ProのQスライドは動画だけではなく、ブラウザ、電卓、カレンダーが新たにフルスクリーン/ウィンドウ表示切り替えに対応しました。

さらに、ウィンドウ表示となったことで位置やサイズも変更可能となり使い勝手が向上しました。

06

動画とブラウザをウィンドウ表示

07

カレンダーと電卓をウィンドウ表示

08

ウィンドウの位置・サイズの変更可能

Qスライドの使い方は、対応アプリのQスライドボタンもしくは、通知パネルのQスライドアプリから直接起動できます。ウィンドウ表示とフルスクリーン表示の切り替えもQスライドボタンで行います。

Qスライドは常に最前面に表示されますが、透明度を変更すると奥のアイコンやアプリを操作することができます。これによりメールを確認しながら、Qスライドのブラウザで調べ物するといったことがアプリの画面切り替えなしで行うことができます。

04

Qスライドは対応アプリのフルスクリーン状態もしくは通知パネルから呼び出す

05

動画を観ながらTwitterを楽しむ

同時にウィンドウ化できるのは2つまでです。3つめのQスライドアプリを起動しようとすると「ウィンドウの数があ最大値に達しています」というダイアログが表示されます。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。