ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キンコン西野の「鈴木おさむ批判」騒動巡り、山里亮太が弁明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『10匹のコブタちゃん ~ヤセガマンしないTV~』に南海キャンディーズの山里亮太が出演、司会の森三中・大島から厳しく責め立てられた。

山里が同番組に呼ばれたのは、キングコング西野が居酒屋で「鈴木おさむ批判ツイート」を投稿した際に、その場に同席していたとされたため。西野は、大島の夫で放送作家の鈴木おさむ氏が執筆した小説『芸人交換日記』に対し、ツイッターで「ちっとも面白くないし、都合よく乗っかる芸人はもっと面白くないですね」と投稿し、騒動となっていた。その後、西野が手紙で鈴木氏に謝罪し、事態は一時沈静化したものの、大島はテレビ番組などで「絶対許さねーぞ!」などと怒りをあらわにしていた。

当日の放送でも西野の話題が取り上げられ、大島が「もう一人、一生恨んでやるって奴がでてきました」と紹介、登場した山里は「西野がよからぬ呟きをしました」「その場に…僕、いました」と口ごもりながらも、当時西野と同席していたことを告白している。

これを聞いた森三中・村上が「横で(西野が)ツイートしてたのを見てたってこと?」と追及すると、山里は「違うんです」「僕も被害者なんです」と弁明。「僕がトイレに行って戻ってきたら、西野がスッと携帯を出して『呟いちゃった』と…」と、自分が席を外している間に件のツイートが行われたと説明している。

その後、司会のアンジャッシュ渡部からも「(西野は)急に打ったの?そんな内容を」と、『芸人交換日記』の話をしていたのではないかと聞かれると、山里は「あいつがバカだから!」と不自然な言葉で返してしまったため、さらなる疑いの目が山里に向けられることとなった。

この発言を皮切りに、スタジオ出演者全員から「ちょっとそういう話があったんじゃないの?」「あおったの?」などと問い詰められると、山里は「私がトイレに行くまでは、『芸人交換日記』の話は一切出ておりません。」ときっぱりと自らの関与を否定している。

ところが、大島が2月20日放送のTBSラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」の内容を持ち出した事で、さらに山里は追い詰められることになった。同ラジオ放送の当日のゲストは西野であり、山里と「鈴木おさむ批判ツイート」をネタに話をしていたためだ。

大島は、ラジオに登場した西野が「ただ、そのツイートをした時、お前横おったからな」と発言したという情報をつかんでおり、「ラジオも全部聞かせていただいたけど。なんか(西野と山里は)ワイワイしてたけど?」と、当日の放送が楽しそうだったことにも怒りをあらわにしている。

さらに大島から「西野がヘラヘラ(批判ツイートの話を)してきてよ、(鈴木)おさむさんに失礼じゃないか、とか何にも言わなかったじゃねーか。なんで言わねーんだよ」と厳しく責められると、山里は「ちゃんと言うべきでした」「だってあいつの単独犯ですから。僕は本当に何もやってない」と放送での態度を反省しながらも、西野に全ての責任があることを強調していた。

『芸人交換日記』に関する話が「山里から持ちかけられたのかどうか」は最後まで明らかにならなかったが、こういったやりとりの間にも、大島は半笑いで話す場面も多く見られ、山里との間にわだかまりは無いのだろう。このような形で西野も大島と共演し、今回の騒動に終止符が打たれる日がくるのだろうか。

【関連記事】
森三中大島が西野にブチギレ「嫁が100倍怒ってやるって話だよ」。
キンコン西野と鈴木おさむのツイッター騒動、PRのためのヤラセ疑惑続出?
渡り廊下イベント、山里にブーイングしたのは芸人仲間
ニュースウェブWBC ドミニカ 能年玲奈 桜ミクまん Xperia
「中性脂肪、1日1本で約20%低下!?」ニッスイがトクホ開発
【米肌】プレゼント付き!トライアルセットはこちらから
「お前んちの玄関にウンコしてやる」あまりに下品な大島美幸!言葉もやることも汚い<10匹コブタちゃん~ヤセガマンしないTV~>(フジテレビ系)

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ今日のできごと話題のニュース

関連ワード:
鈴木おさむ  山里亮太  芸人交換日記  ラジオ  テレビ  

(http://news.livedoor.com/article/detail/7513898/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP