ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、既存のメッセージ系サービスを”Babble”名の下に統一する計画?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは、同社が現在提供している複数のメッセージ系サービスを1つのサービスに統一する計画を進めているとGeek.comが複数の人物から個別に情報を得たとして伝えています。同サイトによると、GoogleはGoogleトーク、ハングアウト、Google Voice、Googleドライブのチャット機能など様々なメッセージサービスを”Babble”という1つのサービスとして提供することを計画しているそうです。それは、iMessageやBlackBerry Messengerと競合するクロス·プラットフォーム·ソリューションになると言われています。また、Babbleでは、AndroidとChrome OS向けに専用アプリが提供されると言われています。サービスの開発時期は不明ですが、同サイトは、今年のGoogle I/Oで発表されるのではと予想しています。Source : Geek.com



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、Motorola RAZR M 201MのAndroid 4.1アップデートをまもなく開始、アップデート方法や一部のアップデート内容を公開(更新:配信開始)
NTTドコモ、「MEDIAS PP N-01D」と「Optimus LTE L-01D」にソフトウェアアップデートを配信開始
英CloveがXperia SPとXperia Lの予約受付を開始、Xperia SPは£269(約39,000)+VAT、Xperia Lは£195(約28,000円+VAT、どちらも4月下旬に発売予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP