ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アルツハイマー病治療のために、 脳にペースメーカーを埋め込む【サイエンスニュース】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アルツハイマー病では、異常なタンパク質が脳内にたまり、神経細胞が脱落、脳が萎縮し、記憶障害や認知障害が起こるようになる。75歳以上の高齢者では15~25%に老人性痴呆の症状が見られるが、そのうち4割以上がアルツハイマー病だと言われている。

アルツハイマー病の原因や発祥因子についてはまだわかっていないことが多い。治療には薬物療法が行われるが、これは病状の進行を遅らせたり、周辺症状(不眠、幻覚など)に対応するためのもので、現在のところまだ根本的な治療薬は登場していない。高齢化の進む先進国において、アルツハイマー病の治療薬の開発は、大きな課題となっている。

その中、2013年1月に米国オハイオ州立大学のウェクスナー医療センターがユニークな治療法の臨床試験を開始した。それは、脳内への「ペースメーカー」の埋め込み手術だ。

すでにパーキンソン病などの治療には、DBS(Deep Brain Stimulation:深部脳刺激術 )という手法が一般的に行われるようになっているが、オハイオ州立大学の治療法はこれをアルツハイマー病に応用したものということになる。

パーキンソン病のDBS治療では、視床下核という部位に電極を挿入し、胸部に刺激装置を埋め込んで、これらを皮下の電線でつなぐ。一方、オハイオ州立大学の手術では、認知や行動を制御する前頭葉に電極を埋め込んだ。
前頭葉の電極から微細な刺激を送り込むことで、前頭葉での異常な活動を調整して、正常化することを目指す。研究を主導している、神経科医のDouglas Scharre博士や神経外科医のAli Rezai博士は、アルツハイマー病患者の認知機能が改善すると期待している。

最初の患者となったのはアルツハイマー病の初期段階にある女性で、手術の経過は今のところ良好だという。

(文/山路達也)

記事提供:テレスコープマガジン

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ今日のできごと話題のニュース

外部サイト

スマホ連動アイテムも多数で運動ブームなるか? 世界のアスリート登場のイベントも開催
パパ大ショック! 女子が引越しでお願いしたいインターネット配線、頼れるのはやっぱり恋人だった!
アルツハイマー病治療のために、 脳にペースメーカーを埋め込む【サイエンスニュース】

関連ワード:
アルツハイマー  ペースメーカー  サイエンス  大学  EE  

(http://news.livedoor.com/article/detail/7509934/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP