ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

史上最もイケてない堤真一の予告

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 バツイチで子持ちの大黒シズオ42歳。「本当の自分を探す」と勢いまかせに会社を辞めるも、朝からゲームばかり。父親には毎日怒鳴られ、高校生の娘に借金し、バイト先ではミス連発。ある日、突然「とうとう見つけちゃった。俺、マンガ家になるわ」と宣言するのだが…。

 コミック誌IKKIで連載され、ルックスも中味もイケてない中年のオヤジの迷走と奮闘が「苦笑い哀愁ドラマの傑作」、「笑いながらじんわり来てラストは泣ける」と高い評価を受けて、『このマンガがすごい!2009』にもランクインした『俺はまだ本気出してないだけ』。20社以上が実写化を希望した作品が、『HK/変態仮面』や『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一監督の手により映画化される。

 映画史上最もイケてない主人公を、日本を代表する俳優・堤真一が演じることで、すでに話題となっている本作品。その予告編が解禁となった。

 福田監督は映画化に際し「原作に似た方をキャスティングして“似てるね”って言われても嬉しくない。ジャンプ幅を持たせたい」と堤真一に主役をオファー。堤も「冗談かと思っていたら原作者からOKが出て“え?本当にやるの?”(笑)」と言いつつ「脚本は原作の良さと監督のセンスが混じって、とても面白かった」と快諾した。

 予告編では、Tシャツ・パンイチ(パンツ一丁)で畳にごろ寝、窓辺でたそがれ、居酒屋で世をそねむ“今まで誰も見たことのない堤真一”が公開された。「カミ」に扮する姿や、「キーン」とアラレちゃん走りをしたり、空を飛ぶ!?様子など、どこを切っても衝撃度100%。そのハジけた姿に不思議と勇気と元気が湧く予告編となっている。さらに、橋本愛、生瀬勝久、山田孝之、濱田岳、指原莉乃、水野美紀、石橋蓮司、佐藤二朗、ムロツヨシら個性派キャストも登場。恐れを知らぬ中年男の大冒険に期待したい。

『俺はまだ本気出してないだけ』は6月15日(土)本気出してロードショー

『俺はまだ本気出してないだけ』 – 公式サイト
@oremada_movie – 『俺はまだ本気出してないだけ』公式Twitter

MOVIE ENTERのTOPへ

(http://news.livedoor.com/article/detail/7503942/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP