体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5インチフルHDディスプレイを搭載したハイパフォーマンススマホ「Optimus G Pro L-04E」の外観を過去のOptimus Gなどと比較【レビュー】

5インチフルHDディスプレイを搭載したハイパフォーマンススマホ「Optimus G Pro L-04E」の外観を過去のOptimus Gなどと比較【レビュー】

4月発売のOptimus G Proを一足お先に紹介!
NTTドコモの「2013年春モデル」として4月に発売予定のAndroidスマートフォン「Optimus G Pro L-04E」(LGエレクトロニクス製)を、一足先にお借りしましたので、何回かに渡って紹介したいと思います。

まずはじめとなる今回は、5インチフルHD(1080✕1920ドット)ディスプレイを搭載し、新しいコンセプトでデザインされたOptimus G Proの外観編を、過去の「Optimus G L-01E」などの機種と比較しながら写真で詳細と見ていきます。

01

従来のOptimusシリーズとガラッと変わったのはボタン関連です。これまで本体上面にあった電源ボタンが左側面に移動しました。

これによって、右手・左手どちらで持っても電源ボタンが押しやすくなりました。スクリーンキャプチャーは電源ボタンとボリュームボタンー(マイナス)で行えます。

リアカバーは外れないタイプとなっており、microSDやminiUIMスロットは左側面のカバーの中にあります。

02

本体上面にはイヤフォン端子と赤外線ポートがあります。この赤外線ポートはボディーカラーごとに色が違います。Indigo Blackは一般的な黒ですが、Plutinum Whiteはシルバーとなっています。

03

電源ボタン以外に大きく変わったのが、ホームボタンです。これまでタッチセンサー式のホームボタンでしたが、Optimus G Proはハード式のホームボタンになり、電源ボタンを押さなくてもホームボタンでウェイクアップできるようになりました。

メールや着信を、すぐ確認できる、ロック操作が自然に行えるようになり使い勝手が向上しています。

ホームボタンのまわりにはイルミネーションが搭載されていて、充電や着信、メールなどを光で知ることができます。

これまで確認用としてだけだったLEDランプがデザインにも活かされるようになっています。今後もこう言った楽しめる機能が付いた端末が増えて欲しいところです。

04

同じくクアッドコアCPUを搭載した2012年秋モデル「Optimus G L-01E」との比較です。Optimus G Proは高さが若干大きくなっていますが、外枠を狭めることでほぼ同じようなサイズに収まっています。

05

サイズ的にはほぼ同じですが、Optimus G Proの背面はOptimus Gと比較して角を大きく落としたラウンド形状となっておりひじょうに持ちやすくなっています。イメージ的には、Optimus Gのリアカバーを外した状態で手にした感覚に近いので、ユーザーの方は手にしてイメージしてみて下さい。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。