ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パンダ交尾写真を袋とじにすべきか『週刊ポスト』編集部悩む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月18日発売の『週刊ポスト』(2013年3月29日号)で、同誌編集部が掲載を大きく悩んだ写真が、そのまま掲載されている。

 同誌によると、「このまま掲載してよいものか。やはり、ここは袋とじにしておくべきか。迷ったほど、それは生々しかった」という。上野動物園のジャイアントパンダの交尾シーンである。

 3月11~12日にリーリー(力力♂)とシンシン(真真♀)の間に2回の交尾行動が確認され、赤ちゃん誕生への期待が高まっているが、動物園から大胆すぎる(!)感動写真が提供されたのだという。

 しかも、写真だけではない。動物園側は公式のパンダ情報サイト(http://www.ueno-panda.jp/)で、数分間の交尾のうちのハイライト30秒を動画で公開。その名の通り、リーリーの力強い腰使いとシンシンの身悶える姿が覗き見、もとい、見ることができる。

 リーリーとシンシンの間には昨年、雄の赤ちゃんが誕生したが、6日後に肺炎で死んでいる。妊娠したかどうかの結果がわかるのは早くても3か月後。今年こそ健やかな赤ちゃんが生まれて無事に育つことを祈りたい。

※週刊ポスト2013年3月29日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
11頭のパンダ育てた和歌山の動物園 成功の秘密に民間経営も
死亡したパンダの赤ちゃん 学術的資料として冷凍保存になる
札幌の動物園だけで見られるホッキョクグマ赤ちゃんが公開

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP