ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、spモードメールアプリを「6170」「6300」にアップデート、Android 4.1以上用はヘッダを閉じた状態の表示内容を変更、Android 4.0.x以下用はアプリ動作を改善

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは3月18日、ドコモスマートフォン向けのメールアプリ「spモードメール」をアップデートしました。今回はAndroid 4.1以上用とAndroid 4.0.x以下用の両方がアップデートされています。アップデートバージョンは、Android 4.1以上用が「6170」、Android 4.0.x以下用が「6300」です。Android 4.1以上用「6170」でのアップデート内容は、メール本文を表示中のヘッダ情報を閉じた状態の表示内容が変更されたところです。新規メール/送信メール/未送信メールでは、件名ではなく宛先アドレスが表示されるようになり、 受信メール(メッセージRとSは除く)では、件名ではなく送信元アドレスが表示されるようになりました。件名はヘッダを展開すれば表示されます。Android 4.0.x以下用「6300」でのアップデート内容は、アプリ動作の改善がメイン。具体的には、Wi-Fi接続時にメールを自動受信しない事象、送信済みメールが未送信メールに格納されてしまう事象、送信中のまま送信処理が終わらない事象が改善されるそうです。「spモードメール」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
3月21日より東京メトロ全路線で携帯電話サービスが利用可能に
Google、ノート作成サービス「Google Keep」の提供を予定?サービス画面やアプリアイコンが発見される
NFC通信を活用したファイル転送アプリ「SuperBeam」がv2.0にアップデート、非NFC端末間でもファイルの転送が可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP