ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美しく健康に、手軽な美人の作り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎朝布団から起き上がるのが辛い冬の寒さから、春本番の季節に近づいてきている今日この頃。フレッシュな新生活に向けて心膨らむ方も多いのでは? 心機一転、気持ちを切り替えて、怠けていた健康や美容に取り組む素敵女子を目指す人が現在増殖中だ。そんな中、モデル・女優としての顔を持つ一方で、“美食同源”をテーマに食を通じて美人になれるライフスタイルを提案するフードコーディネーター、川島令美さんにさまざまな視点で健康や美容、そして食事面について聞いてみた。

“継続は力なり”と言うように、働く女子にとって早起きして自分磨きに時間を費やす“朝活”を一時のブームで終わらせたくないものの、無理な習慣づけは三日坊主に陥りがち。「意識して“朝活”をしているわけではないのですが、大体毎日朝は5時から7時の間に起きてしまうので、時間があったら習っているヨガスタジオに行きます。長距離が好きなのでランニングをする時もありますが、なかなか続かないことが多いので(笑)、強制的にするのではなく身体を動かしたい時に行うスタンスでスポーツやヨガは取り組んでいますね。」

身体の内側からの声に耳を傾け、自分にとって気持ちがいいことを優先して実践している点は、是非毎日の手本にして取り入れたい。1日の活力源となる朝食も同様で「その日の胃のコンディションや体調をみて、食べるものを決めるようにしています。1日ハードなスケジュールなときは主食に肉や魚と野菜をしっかり摂りますし、またある日は果物だけで過ごす日も。グリーンスムージーももちろん大好きなのでよく愛飲しています!」と過度にルールに縛られることなく、臨機応変に対応する柔軟さも時には必要となる。

野菜や果物のフレッシュな栄養素を手軽に摂れ、美肌やダイエット、健康に良いと評判のグリーンスムージーは、女子にとって心強い味方。けれど、新鮮な野菜とフルーツを数種類常備しておくのは意外と大変で、早朝からの撮影などで時間がない時は作る時間も取れないそう。そこで今回、水に溶かすだけで34種類もの野菜と果物の栄養素がたっぷり含まれたスムージが作れる新商品「スリムアップスリム ベジフルチャージスムージー」を川島さんに試してもらい、感想を聞いてみた。

「封を開けた瞬間にいい香りがしてたんですけど、マンゴーの甘みがしっかり出ていてとっても美味しい! グリーンスムージーは入れる食材によってドロドロと重くなりがちですが、これはサラっとしているので喉越しもいいですね。水でもいいですけど、もし私流にアレンジを加えるなら、お好みで豆乳に混ぜるのがおすすめ。豆乳の特有の匂いも気になりませんし、女性ホルモンの味方、イソフラボンも摂取できます。」

人気の美容フルーツ、アサイーなど34種類の野菜とフルーツを配合したダイエットサポート食品「ベジフルチャージスムージー」の気になる栄養価について聞いてみると「栄養学的にも1つの栄養を偏って摂取するより、バランスよく摂取することが理想的なんです。これだと、食物繊維やビタミンも一度にたっぷりチャージできるのが嬉しい。特にビタミンBは代謝を促す効果があるので、ダイエット中の方にはおすすめですね。」

そして、「ベジフルチャージスムージー」は美容に嬉しいコラーゲンがわずかスプーン2杯で5000ミリグラムも摂ることが可能。「普通の食事でコラーゲンを摂るのって実は結構大変なんです。コラーゲンは美肌づくりにも欠かせないので、私も積極的に飲み続けて行きたいです」と、レシピブロガーとしても数多くの“健康美人レシピ”を紹介する彼女も太鼓判を押した。

 美人は一日にしてならず。毎朝の美活習慣で、手軽に“美”と“健康”を手に入れよう。

川島令美さんプロフィール
ドラマや映画のフードコーディネーターとして活躍中。内面からの美・健康《美食同源》をテーマに、メディアや企業、飲食店などにレシピを提案し、料理研究家としても活躍。著書『食べてキレイに毎日野菜レシピ』(三才ブックス)が好評発売中。
公式サイト

Peachy「朝美人の美活習慣」特集ページ
[PR記事]

(http://news.livedoor.com/article/detail/7503953/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP