ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シャープ、海外向けにフルHDディスプレイ・Snapdragon 600を搭載した「Sharp FIH-VKY」を開発中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Sharp FIH-VKY」という型番のシャープブランドのAndroidスマートフォンがFoxconnによって開発されている模様です。この名前の端末がGL Benchmarkの公式サイトで発見されました。昨年発売されたシャープの海外モデルはFoxcoonn International Holdings(FIH)が開発しており、その企業名と一致する文字が名前に含まれてることを考えると、今年の海外向けモデルと推測されます。GL Benchmarの公式サイトによると、この端末に搭載されているOSはAndroid 4.2.1(Jelly Bean)、CPUは384~1728MHz、GPUはAdreno 320、解像度は1794×1080。プロセッサはクアッドコアのSnapdragon 600でしょうか。操作ボタンにソフトウェアボタンを採用していると仮定すると、仕様上の解像度は1,920×1,080(フルHD)だと思います。Source : GL Benchmark



(juggly.cn)記事関連リンク
富士通、「ARROWS Tab Wi-Fi(FAR70B)」向けにAndroid 4.0.4(V02R21B)へのアップデートを提供開始、充電ホルダー接続時の不具合を解消
JXDが5インチ・クアッドコアCPUを搭載した新型Androidゲーム機「S5800」を開発中との噂
Galaxy S 4はバックカバーを専用のものに交換することでワイヤレス充電に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP