体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメコミを読もう!

アメコミを読もう!
まず問題点になってくるのが英語です。

英語読める人なら問題ないが日本に在住している人がそれ程の英語スキルを持っているのは少ないはず。

もうここで普通の人なら挫折しますね。

でも考えてみてください。

アメリカで日本の漫画が翻訳して売られているというのなら!

日本でアメリカの漫画が翻訳して売られていてもなんらおかしくない!

そう、あまり有名ではありませんが邦訳アメコミが出版されています。

まず代表的な出版社といえば「ジャイブ」、「小学館プロダクション」、「ヴィレッジブックス」辺り。

今では割りと出版されていますし大きな書店(紀伊国屋など)だと普通に置いてたりします。

まずは手に取りやすい邦訳アメコミから挑戦してみましょう。

そこでなにかと問題があるのですが…

日本の漫画とは色々違うんですよ全てが。

それについては「アメコミくえすと」さんの

アメコミについて」を参照。

バットマンなど60年以上も続いているシリーズなんかはちょっと最初は分かりにくい。

ので、まずは日本の漫画と同じような「単品作品」を読んでみましょう。

初心者向けの単品作品なら「小学館プロダクション」から良いものが数冊出ております。

ここから初心者にお勧めであり現在でも容易に手に入る単品邦訳コミックをピックアップすると…

「Vフォーヴェンデッタ」、「300」、「ウォッチメン」、「キックアス」辺りです。

いずれも映画化されているのでコミック買う程じゃないけど…って方はVフォーヴェンデッタ以外なら映画もおすすめです。

そこから更に絞っていくと…

「ウォッチメン」、「キックアス」辺りがお勧めです。

キックアスは映画が有名ですし知っている人も多いと思われます。

どちらも「現実にヒーローが居たら…」というテーマのコミックです。

しかし内容は全然違い「ウォッチメン」はシリアスで重厚な感じで

「キックアス」はギャグに近い。ですが割りとハードです。読んでみたら分かります。

●作品解説

【ウォッチメン】

原作者:アラン・ムーア アーティスト:デイブ・ギボンズ

〜あらすじ〜

“金曜の夜、ニューヨークで一人の男が死んだ──”

1985年、核戦争の危機が目前に迫る東西冷戦下のアメリカで、

かつてのヒーローたちが次々と消されていた。

これはヒーロー抹殺計画のはじまりなのか?

スーパーヒーローが実在する、もうひとつのアメリカ現代史を背景に、

真の正義とは、世界の平和とは、

人間が存在する意味とは何かを描いた不朽の名作。

(帯より抜粋)

と、なにやらハードボイルドな感じの物語。

物語は私達の住む現実の歴史とほぼ同じ世界で繰り広げられます。

違うところはヒーロー(それもただのコスプレのおっさんですが)が居たり

超人が一人居たり現実にヒーローが存在しているのでコミックは海賊物が主流だったり(スーパーマンなどはあったようです)

ベトナム戦争でアメリカが勝利していたりなど。

時代設定はあらすじの通り核戦争が始まるっぽい東西冷戦で緊張した時代です。

さっきヒーローが存在すると言いましたが本編では既にヒーロー活動は禁止されている時代になっています。

主人公は違法にヒーロー活動をする「ロールシャッハ」(45)さん。

アメコミを読もう!

スーパーマンやスパイダーマンのようなミラクルパワーは持っておりません。

先ほど説明した通り基本的にただのコスプレしてるちょっと喧嘩強いおっさんです。

ていうかこれじゃただ探偵風の格好に奇妙なマスクをしているだけなのでコスプレとは言いがたいですが…

特技は骨折り

アメコミを読もう!
1 2 3次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。