ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

午後の紅茶 おいしい無糖(キリン)フォトレビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

午後の紅茶 おいしい無糖

キリンの新製品午後の紅茶 おいしい無糖が登場。早速フォトレビューさせていただきました。
(撮影:ガジェット通信撮影班 フヅキ)

「午後の紅茶 おいしい無糖」(キリン)

(メーカー公式リリースより)
今回、リニューアル新発売する「午後の紅茶 おいしい無糖」は、軽やかで清々しい香味のダージリン茶葉を従来品よりも1.4倍(※)使用した、本格紅茶の味わいと爽やかな飲み心地が特長の無糖紅茶です。鮮度管理した「フレッシュカット茶葉」を使用し、すっきりとしたおいしさを実現しました。
パッケージは、金色の大きな葉を中央に堂々と配置したデザインはそのままに、さらに茶葉のイラストを印象的にあしらうことで、ダージリン茶葉の清々しさを表現しました。
※ ダージリン茶葉70%使用

※記事中コメントは試飲したガジェット通信スタッフによるもの。

午後の紅茶 おいしい無糖「紅茶の香りも味もしっかりするのですが、渋みはぐっと控えめな感じです。
確かに、おにぎりだけではなく、どんな食事の時にも、間に飲むことで口の中をリセットしてくれそうな、爽やかな味でした。」(30代女性)
午後の紅茶 おいしい無糖「無糖派にうれしい紅茶。すっきりしていて、ごはんものでもパンでも相性いいですね。花見に持っていきます。」(20代女性)
午後の紅茶 おいしい無糖「苦さが控えめで飲みやすい。しっかりした紅茶の香りでリラックスできました。ちょっと休憩したいときに飲みたいです。」(20代女性)
午後の紅茶 おいしい無糖「紅茶のうま味だけを引き出していてスッキリしたのどごしで美味しかったです。」(20代男性)
午後の紅茶 おいしい無糖
午後の紅茶 おいしい無糖
午後の紅茶 おいしい無糖

(メーカー公式リリースより)
 「午後の紅茶 おいしい無糖」は、食事に合う無糖紅茶として、2011年に発売して以来、新たな紅茶の飲用シーンを拡大しています。2012年は「おにぎり」という日本食のシンボルとの相性の良さを訴求するTVCMや店頭活動を展開し、食事シーンと無糖紅茶のおいしさを訴求することで、累計販売数量は509万ケースを突破、「午後の紅茶」ブランド3年連続過去最高の販売数量となる4,561万ケース達成を牽引しました。

今年は、「おにぎり公式飲料」となることを宣言し、発売時よりTVCMや店頭活動を通じ、昨年以上に大々的に「おにぎり」と「午後の紅茶 おいしい無糖」の相性の良さを訴求していきます。また、紅茶の性質を科学的に検証し(※)、紅茶が「おにぎり」と合うこともアピールしていきます。
※ キリン株式会社飲料技術研究所調べ

午後の紅茶 おいしい無糖

商品概要

1.商品名        「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖」
2.発売日        2013年2月19日(火)
3.発売地域       全国
4.名称         紅茶飲料
5.容量・容器/入数   ①2Lペットボトル/6本入り
             ②500mlペットボトル/24本入り
             ③280mlペットボトル/24本入り
6.価格         ①330円
             ②140円
             ③115円
              ※①②③とも、消費税抜き希望小売価格

メーカー公式サイト

キリン

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。