ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オランジーナを本場のフレンチと合わせて味わう!期間限定のカフェが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

期間限定カフェ ORANGINA(オランジーナ) × madame FIGARO japon × kurkku3

※全てのイベント情報を見るにはこちらから

フランス発の炭酸飲料 オランジーナ(ORANGINA)を使ったオリジナルカクテルと一緒に、本場フランスの料理を堪能できる期間限定カフェが、表参道ヒルズ 本館1階『クルックスリー』にオープンする。

3月19日発売の『フィガロジャポン』5月号が、オランジーナと一緒に楽しみたい、フランスならではの料理を探す特集「オランジーナと巡る、フランス美食の旅。」を展開。パリ、コートダジュール、アルザス=ロレーヌの3エリアを訪れ、それぞれの土地ならではの味を紹介しており、それらのメニューをこの期間限定カフェで再現する。

パリからは、『ブラッスリー・フロット』の看板メニュー、田舎パンを使ったクロック・ムッシュを(900円)。コートダジュールの『シェ・ピポ』では、メニューに載っていないニース風サラダを特別に(1200円)。アルザス=ロレーヌからは、『オーベルジェ・サンマルタン』の人気メニュー、キッシュ・ロレーヌ(800円)が。すべてオランジーナがセットになっており、追加200円でカクテルにも変更可能だ。

カクテルは、ウイスキー『トリス』を使ったトリスジーナ、『スカイウオツカ』をベースにしたグラデーションの美しいオランジーナサンライズ、スパークリングワイン『フレシネ』で割るスパークリングジーナの3種を用意する(各700円)。

1936年の誕生以来、フランスで愛され続けるオランジーナやオリジナルカクテルと一緒に、フランスで愛されている本場の味を堪能してほしい。

『期間限定カフェ ORANGINA × madame FIGARO japon × kurkku3』

日程:2013年3月18日(月)~24日(日)
時間:11時00分~23時30分(日曜は22時30分まで)
場所:クルック スリー [リンク]

 

 

●この記事は、東京のイベント・お店情報サイト『タイムアウト東京』が執筆しました。

・そのほか、東京のイベント情報はこちら
http://goo.gl/INuGZ [リンク]

・タイムアウト東京、ツイッターでも情報発信中
https://twitter.com/TimeOutTokyoJp [リンク]

・毎日更新、タイムアウト東京のフェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/timeoutjp [リンク]

タイムアウト東京の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。