体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、主力スマホの最新モデル「GALAXY S 4」を発表!5インチフルHDディスプレイや1.6GHzオクタコアCPUなどを搭載

Samsung、主力スマホの最新モデル「GALAXY S 4」を発表!5インチフルHDディスプレイや1.6GHzオクタコアCPUなどを搭載

GALAXY S 4が正式発表!
Samsung Electronics(サムスン電子)は14日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールにてイベント「UNPACKED 2013 Epsode 1」を開催し、同社のスマートフォンシリーズにおけるフラッグシップモデル「GALAXY SIV(GALAXY S4)」を発表しています。

2013年4月下旬から全155カ国で発売を予定しているということで、特に日本での発売については触れられていませんが、恐らく従来通り、海外版をベースにしたモデルが発売されるのではないかと期待して正式発表を待ちたいところです。

なお、イベントには、同社のモバイル事業を統括するJK・シン氏が登壇し、GALAXY SIVの詳細をプレゼンテーションしていました。

Screenshot_2013-03-15-13-19-29

GALAXY SIVは、サムスン電子の主力スマートフォン「GALAXY Sシリーズ」の最新モデルです。プラットフォームにAndroid 4.2.2(開発コード名:jellyBean)を採用。

スペックとしては、現在、他社のハイエンドモデルも多く採用してきている5インチフルHD(1080×1920ドット)ディスプレイを搭載し、画素密度が441ppiとなります。SamsungのSuper AMOLED(有機EL)パネルを採用。ディスプレイを覆う素材には、Corning製「Goriila Glass 3」が採用され、さらに傷が付きにくくなっています。

また、チップセットは、通信方式などの関係もあり、市場や事業者ごとに採用する部品が異なるものの、主要モデルでは同社製のオクタコアCPUを採用。このCPUは、最大1.6GHz駆動で、Cortex-A15系の4つのCPU(クアッドコアCPU)とCortex-A7系の4つのCPU(クアッドコアCPU)を内蔵しており、作業内容や消費電力によって各コアを使い分けることで、低消費電力ながらより高いパフォーマンスを示すという「Exynos 5 OCTA」となっています。その他、Qualcomm製で最大1.9GHz駆動のクアッドコアCPUを内蔵した「Snapdragon 600」を搭載したモデルも用意されるとのことです。

03

カメラは、1300万画素裏面照射型CMOSアウトカメラおよび200万画素裏照射型CMOSインカメラを搭載。2GB内蔵メモリー(RAM)を搭載しているほか、内蔵ストレージ(ROM)は、16GBおよび32GB、64GBの3モデルが用意されています。また、外部ストレージ(メモリー)には、最大64GBまでに対応したmicroSD/microSDHC/microSDXCカードスロットをサポートしています。

無線通信では、受信時最大100MbpsのLTE(カテゴリー3)に対応しているほか、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.0、NFC、GPS、赤外線通信「IR LED」に対応。専用ケーブルでHDMI出力が行えるMHL 2.0に対応したmicroUSB端子も備えます。

センサーは、照度センサーや加速度センサー、電子コンパス、気圧センサー、ジャイロセンサー、近接センサー、温度・湿度センサーを搭載。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。