体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

悩める“求婚男子”たちよ! 男子専用サイトでプロポーズへの道を開け

生活・趣味
悩める“求婚男子”たちよ! 男子専用サイトでプロポーズへの道を開け

「プロポーズはした方がいい」と思ってはいても「いざとなると敬遠してしまう」のが適齢期男性たちのホンネ――実のところ、プロポーズを意識する男性の約8割が「いつ、どこで、なんと言えばいい?」と悩んでいるそうです。しかも、プロポーズの話題って友人同士でもちょっと相談しづらいですよね? そんなときの味方はやっぱりインターネット! まずは、求婚男子たちの悩みに肉薄したアンケート結果で「プロポーズの実態」をおさらいしてみましょう。

プロポーズは「自宅」で「ふたりの記念日」に。でもちょっと男女の認識差も?

プロポーズの場所に選ばれたのは夜景の素敵な場所ではなく「自宅」

結婚情報誌『ゼクシィ』は、男性を対象としたプロポーズの実態を探るアンケートを実施。タイミングや理由、婚約指輪についてなど、“求婚男子”にとって非常に参考になるデータが明らかになりました。

同アンケートの結果によると、男性の約8割がプロポーズを「必要」「けじめのひとつ」と考えており、プロポーズの実施率は約7割。場所は、「自宅・家」が41.7%とトップにあがり、「夜景・景色のいい場所(13.3%)」「車の中(9.9%)」「レストラン(9.7%)」など“ロマンチックな場所を選んだ男性は意外と少ないようですね。でも実際は、2位となった「夜景・景色の良い場所」をプロポーズの理想の場所と考える割合は、男性がプロポーズ実施したのと近い割合(17.0%)に対して、女性は28.0%と、男女間で差が出ました。

やっぱり一生に一度のプロポーズは、ちゃんと特別な演出をしてほしい女性が少なくないようです。

ふさわしいタイミングとしては「ふたりの記念日」が42.3%とトップに。「彼女の誕生日(23.7%)」「出会った日(14.8%)」も上位にランクインしました。

「いつどんな言葉で伝えればいい?」と悩む男たち

プロポーズされなかった女性8割は「プロポーズされたかった」と回答

それでは、プロポーズしなかった男性(約3割)たちは、どうやって結婚にこぎつけたのでしょう? 「特に言葉にしなくてもお互い意識していたから(48.1%)」「つきあいが長くなれ合いの関係になっていた(32.5%)」「必要ないと思った(20.4%)」などと、「わざわざ言わなくてもわかるだろ(照)」と言わんばかりの回答ぶりですね。

1 2 3次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会