体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デジカメで撮った写真をLightningコネクタのiPad/iPad miniに転送する「iPad 用 マルチカメラリーダー for Lightning」

Appleから発売されている「Lightning – SDカードカメラリーダー」があれば、デジカメで撮った写真をSDカードからiPadに転送できます。コレを購入する予定だったのですが…。次男の誕生日プレゼントに購入したカメラが防水仕様の二重蓋のためSDカードを取り出すのが面倒だったので、カメラとiPadをケーブルで直接つなぐタイプの「Lightning – USBカメラアダプタ」も視野に入れて検討していました。 ネットで調べてみると日本トラストテクノロジーから販売されている「iPad 用 マルチカメラリーダー for Lightning」はSDカードスロットとUSBコネクタの両方があり、上記2つの純正アダプターの役目をひとつで兼用できるということで、便利そうなので購入してみました☆

続きは↓

ご覧の通り、このアダプターにはUSBコネクタ、SDカードスロット、さらにマイクロSDカードのスロットがあります。

iPad側はもちろん、Lightningコネクタです。

iPad miniに装着したところです。大きさはそこそこありますが、軽いので持ち運びに邪魔になるようなことは無いと思います。

カードスロットにカードを挿入すると、写真アプリが立ち上がります。

USBコネクタでケーブルを介してカメラにつなぎ、カメラの電源を入れたときも同様です。

カード内の全ての画像を読み込む時は、「すべてを読み込む」をタップします。

選んだ画像だけを読み込むこともできます。

1 2次のページ
デジタル・IT
の記事一覧をみる

記者:

TwitterID: Array

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。