ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“今でしょ!先生”合コンで「あんなデブ」呼ばわりされた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「いつやるか? 今でしょ!」のフレーズで、大手予備校・東進ハイスクールのカリスマ現代文講師・林修氏(47才)が大ブレーク中だ。

 林氏は、名古屋市生まれ。名門進学校の東海高校卒業後、現役で東京大学法学部に合格した超秀才。

 だが、大学入学当初は、受験のストレスもあってか、体重は100kgを超えていたため、女性には全くモテなかったという。著書『いつやるか?今でしょ!』(宝島社)で、当時の合コンの苦~い思い出をこう語っている。

<とても素敵な子がいてガンガンいったんですが、あとから女の子たちに「あんなデブとは付き合えないよね」と言われていた>

 これをきっかけに、林氏は必死でダイエットを始め、半年間で30kgの減量を成功させ、その後はキャンパスライフを大いに満喫したという。

 卒業後、のちに経営破綻した日本長期信用銀行に就職したが、危機を事前に感じ、半年後に退社。その後、仲間と起業したがうまくいかず、1992年から、現在の予備校講師になる。

 林氏は、学生時代の家庭教師経験も手伝ってか、すぐに人気講師となった。定員100人の教室はいつも超満員。授業終了後は、必ず質問する予備校生の行列ができた。

「話にメリハリがあって、雑談もおもしろいんです。ものまねが好きで、『相棒』の杉下右京のまねをよくしていますよ」(受講生)

※女性セブン2013年3月28日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
予備校講師と女子生徒 規則の目をかいくぐって交際する例も
室井佑月 カンニングに警察を介入させた京都大学にがっかり
ものまね番組が重宝される理由「ギャラが安く視聴率も安定」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP