ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インド Lava、Atom Z2480 2GHzを搭載した新型Androidスマートフォン「Xolo X1000」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドの端末メーカー Lava MobileがIntel Atomプロセッサを搭載した新型Androidスマートフォン「Xolo X1000」を発表し、同日より販売を開始しました。価格は19,999ルピーで、インドの通販サイト Flipkartを通じて販売されています。Xolo X1000は4.7インチ1,280×720ピクセルのシャープ製液晶とIntel Atom Z2480”Medifield” 2GHzを搭載したAndroidスマートフォン。1週間前に”Misson X”のカウントダウンが開始されたときにはIntelの最新SoC「Z2580」が搭載されると予想されていましたが、違っていました。しかし、CPUクロックが向上し、HDディスプレイを採用するなどスペックは向上しています。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は8GB、Micro SDカードも利用できます。カメラは背面に800万画素CMOS、前面に130万画素CMOSを搭載。メインカメラでは1080p動画を撮影できるほか、1秒間に15枚の静止画を撮影できるバーストショット機能を搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v2.1+EDR、GSM/WCDMA(850/900/1900/2100MHz)に対応。3Gパケット通信ではHSPA+(下り最大21Mbps/上り最大5.7Mbps)に対応します。バッテリー容量は1,900mAhで、スタンバイ時間は最大14日、3Gでの通話時間は最大9.5時間。本体サイズは133.9mm×67.6mm×9.1mm、質量は140g。Source : Xolo.in



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia SP(M35h)の公式画像が流出?
KDDI、「Xperia acro IS11S」向けにソフトウェアアップデートを配信開始、設定とは異なる着信音が鳴る事象に対処
Xperia SのJelly Beanアップデート、ドイツでは3月末より実施予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP