ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

”Androidの父”Andy Rubin氏がAndroid部門トップの役職を辞任

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Googleは現地時間3月13日、Androidの開発を率いてきた技術部門担当副社長 Andy Rubin氏がAndroid開発部門トップの役職を辞任することを発表しました。GoogleのCEOを務めるLarry Page氏が同社の公式ブログに投稿した発表によると、Rubin氏の後任にはChrome関連製品を率いてきた上級副社長のSundar Pichai氏が就くという。Pichai氏は現職との兼任を任されており、AndroidとChromeの融合が進められるのではないかとの予測も伝えられています。Rubin氏がAndroidトップの役職を退く理由は明らかにされていませんが、Rubin氏は今後もGoogleに在籍し、”新しい章を開始する”ことに従事するとされています。Page氏は今回の発表の中で、現在60社以上の企業とAndroidにおけるパートナーシップを締結しており、現在までに7億5千万台のAndroid端末のアクティベーションがあったことやAndroidアプリのダウンロード回数が250億回を突破したことも明らかにしました。Source : Google



(juggly.cn)記事関連リンク
LenovoのAtom Z2580を搭載したAndroidスマートフォン「IdeaPhone K900」は中国で4月中旬に発売される見込み
起動アプリ履歴から画面の自動回転設定を変更できるXperia向けスモールアプリ「ScreenRotation」がリリース
Samsung、Galaxy Yの改良版「Galaxy Y Plus」をインドで発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP